「ケニアの男ひとりメシ」ってネタをやろうとしたらうまくいかずにボツられた / カンバ通信:第5回

未分類
この記事は約1分で読めます。

ジャンボ〜! ケニア在住、カンバ族のチャオスです。オレのマブダチでもあり、ケニアでの相棒でもあり、この連載「カンバ通信」の担当編集者でもある日本のゴー(羽鳥)の口癖が「メシの写真を撮って送って」だ。彼いわく、

「家族が家に帰ってこない今しかできないネタをやるんだ。自分でメシを作ってるって言ってただろ? それを撮ってネタにするんだ。題して、『ケニアの男ひとりメシ』だ!

とのこと。つーことで送ったんだが……

なんか暗かったみたいで、「これじゃぁ使えないよ……」ときた。さらに「もう一度撮ってくれ」と。なので、あらためて撮って送ったところ……

やっぱり暗いって。「メシ、見えねえよ……」って。これじゃあ記事にならないよ……ってボツられちゃったけど、今こうして記事になっているから結果オーライということで。

つうかつうか、部屋、暗いんだよね。でも次に料理する時は、ちゃんと明るくして撮影したいと思っているので少しだけ待っててね。それでは、クワヘリ〜!

Report:チャオス(カンバ族)
超訳・イラスト:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前回へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました