東京・中野のフレンチレストランの貼り紙に度肝を抜かれたでござる!「やられたらやり返す 恩返しだ!!」/ ネオビストロMURA

未分類
この記事は約3分で読めます。

緊急事態宣言が解除され、以前の日常が少しずつ戻りつつある。私(佐藤)のホームタウン、東京・中野の駅周辺でもコロナ禍前の人通りに戻ってきているように感じられる。そんなある日、中野サンプラザの前を通って、中野サンモール商店街の方へ行こうとしたところ、向かいの建物の窓ガラスに何やら掲げられている文字が目に入った。

「やられたらやり返す」だと!? なんじゃ、ありゃーーーッ!!!!

・頭の中の半沢直樹

そこにはたしかに「やられたらやり返す」とある。私の頭には、にわかに堺雅人さん演じる半沢直樹が苦々しい顔をしている姿が浮かんだ。

そのあとには「テイクアウトで 恩返しだ!!」と続いている。

てっきり半沢が理不尽に憤って、「倍返しだ!!」と続けるもんだと思ってたよ。しかし、私の頭の中の半沢は感謝の笑みを浮かべて「恩返しだ!!」って言ってるよ。どういうこと?

・「助けてください」のお礼

実はコレ、ここのお店「ネオビストロMURA」が利用してくれるお客さんに送ったメッセージだった。店内営業を控えてテイクアウトのみで営業していた頃は、次のようなメッセージを掲出していたそうだ。

「#助けてください #中野の中心で愛を叫びながら #テイクアウト #始めました」

この「助けてください」が注目を集めて話題となり、ネットやテレビなどにも取り上げられてテイクアウトの売り上げに大きく貢献したのだとか。そこで今回、その感謝を込めて「恩返しだ!!」というメッセージを発するに至ったそうだ。

・人気のテイクアウト

4月の中旬以降、テイクアウトのお弁当はほぼ毎日販売している。バラエティに富むラインナップで値段は500~1500円。

実際に買おうとしたところ、1人また1人とお客さんが絶え間なくやって来る。行列ができるほどではなかったが、それでも客足が絶えることがない。買っていく人の様子を見ていると、その購入単価が結構高くて驚いた。

2個3個まとめ買いし、4000円や6000円もの金額を使う人がいる。それにしても、お弁当はどれも実に美味しそうだ。

私もサンドイッチ(600円)と牛ハラミ丼(1500円)と2つ購入してしまった。

・楽しそうに働く

家に帰って開けてみると、色鮮やかでとても美味そうな弁当だ。

サンドイッチはバゲットにローストポーク、それに自家製のソースが挟んである。粒マスタードとピンクペッパーがアクセントになっていて、ボリューミーなのにさっぱりとした味。

牛ハラミ丼は、肉の赤身が美しい。醤油ベースのソースが食欲をそそる。

サンドイッチを食べたばっかりなのに、ハラミ肉が旨すぎてもっと食べたくなってしまう。この丼ぶり弁当、2つ買えばよかった!

コロナウイルスはまだまだ油断できず、どこの飲食店も経営再建に向けて大変な時期だと思う。気苦労の多いなか、同店のスタッフ皆さんはとても楽しそうに仕事をしているのが印象的だった。

聞けば2020年6月1日にはお店を再開する予定なのだとか。持ち前の元気で、お店再開後もがんばって欲しい。コロナにやられた分、やり返そう。倍返しだッ!!

・今回紹介した店舗の情報

店名 ネオビストロMURA
住所 東京都中野区中野5丁目65‐6 山和ビル 3階
営業時間 テイクアウト 11:00~15:00、17:00~20:00 / 6月1日より店内営業 11:30~15:00、17:00~22:00
定休日 不定休

参照元:中野経済新聞ネオビストロMURA
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました