2020-05

未分類

犬好きにはたまらない拡張ベッドのデザイン…いつでも一緒

こちらはアメリカ・ペンシルベニア州の家具屋が作った、犬が隣で寝るためのベッド・アタッチメント。 これがあることによって、犬のそばで寝ていても、暑かったりせまかったりなどが解消されるとのことです。 続きを読む
未分類

「うちの犬は…独り遊びがとても上手」木の枝を放り上げて自らキャッチ(動画)

投げてもらった物を取りに走る遊びが大好きなこちらの犬。 好き過ぎるあまり、独りでその遊びを始めました。 動画をご覧ください。 続きを読む
未分類

「猫がいつでも窓の外を眺められるように…橋を架けてあげた」

たいていの猫は外の景色を眺めるのが大好きで、暇さえあれば窓から顔を覗かせています。 海外の飼い主さんが、高い場所にある窓まで歩いて行けるように「猫のブリッジ」を作ってあげました。 続きを読む
未分類

【ミステリー】Google Mapに現れた「駐日サキスタシャ・トーロレフ国大使館」の謎

あなたは、サキスタシャ・トーロレフ国について何かご存じだろうか? 筆者は名前すら聞いたことが無かった。「国」とついているので、恐らくは国名なのだろう。全ての国の名前を諳(そら)んじられるほどしっかり暗記しているわけではないが、しかし1度も聞いたことの無い国名というのも無いと思う。きっと皆さんも似たようなものではなかろうか。 名前を見たり聞いたりしたら、絶対に思い出せる。しかしサキスタシャ・トーロレフ国など全く記憶にない。果てしなく未知の国だが、この謎の国の駐日大使館が、筆者の自宅の割と近いところにあるのを発見してしまったのだ。 ・Google Map きっかけは麻布十番にある某国大使館の詳細な場所を調べる際、フルネームで検索するのが面倒だったため、雑に「大使館」とだけ入れてGoogle Mapにて検索した時のこと。何やら画面の端……場所で言うと埼玉県に、何やら見慣れぬ名前の大使館が表示されていることに気づいたのだ。 これが「駐日サキスタシャ・トーロレフ国大使館」の存在を筆者が初めて知った瞬間であった。その瞬間の感想は「なんだこれ」というもの。聞いたことの無い名前だし、場所のチョイスもおかしい。ディスるわけではないが、どう考えても大使館を構える場所として、埼玉というのは理にかなっていないと思うのだ。意味不明すぎる。 拡大してみると、どうやら最寄り駅は東武東上線の志木駅。筆者の住んでいるところからそう遠くない。電車で5分程度なので、むしろ近所と言えるだろう。こんな近くに全く知らない国の大使館があったのか……。 気になるので、どこにあるどんな国なのかGoogleにて検索してみよう。この時の筆者は、純粋に自分が「サキスタシャ・トーロレフ国」のことを知らないだけだとばかり思っていた。Googleの驚くべき検索結果が出るまでは……。 ・3件 一瞬の後に表示されたGoogleによる検索結果は、まさかの3件。なんということだ。まともな国であれば、Googleの検索結果が3件なんてことはあるまい。しかも、その3件ともよくわからないWebサイトであって、結局「サキスタシャ・トーロレフ国」についての情報は得られなかった。 ちなみにTwitterでも、本記事執筆時点では「サキスタシャ トーロレフ」と言うワードの検索件数自体が0。知名度の低さはぶっちぎりだ。 深まる謎。一体「..
未分類

「ケニアの男ひとりメシ」ってネタをやろうとしたらうまくいかずにボツられた / カンバ通信:第5回

ジャンボ〜! ケニア在住、カンバ族のチャオスです。オレのマブダチでもあり、ケニアでの相棒でもあり、この連載「カンバ通信」の担当編集者でもある日本のゴー(羽鳥)の口癖が「メシの写真を撮って送って」だ。彼いわく、 「家族が家に帰ってこない今しかできないネタをやるんだ。自分でメシを作ってるって言ってただろ? それを撮ってネタにするんだ。題して、『ケニアの男ひとりメシ』だ!」 とのこと。つーことで送ったんだが…… なんか暗かったみたいで、「これじゃぁ使えないよ……」ときた。さらに「もう一度撮ってくれ」と。なので、あらためて撮って送ったところ…… やっぱり暗いって。「メシ、見えねえよ……」って。これじゃあ記事にならないよ……ってボツられちゃったけど、今こうして記事になっているから結果オーライということで。 つうかつうか、部屋、暗いんだよね。でも次に料理する時は、ちゃんと明るくして撮影したいと思っているので少しだけ待っててね。それでは、クワヘリ〜! Report:チャオス(カンバ族) 超訳・イラスト:GO羽鳥 Photo:RocketNews24. « 前回へ | 第1回から読む
未分類

【4コマ】第116回「魔王軍はホワイト企業51」脳内ポートフォリオ

漫画:スガラジカル « 前の話へ | 第1回から読む
未分類

海外の反応まとめ かくしごと第九話、わたしをパーティーに連れて行って!

引用:かくしごと第9話より© 久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会 1海外在住名無し クールジャパンという素晴らしい文化を花開かせても、日本のコミック誌はどんどん減退している現実を見せつけられる。 2海外在住名無し 豪華絢爛なパーティーを行える出版社はもう日本にはないようです。 3海外在住名無し 今回もラスナは、後藤プロのリーダー的立場に収まっていましたw 彼女のリーダーシップがなければ壊滅しているね。 続きを読む
未分類

【おうちで純喫茶】姫路名物アーモンドトーストを家でも味わいたく「老舗純喫茶のアーモンドバター」を取り寄せて作ってみた! おまけに「姫路おでんケーキ」も!!

いよいよ緊急事態宣言が解除され、ステイホームの呼びかけも日に日に少なくなっていくであろう今日この頃。だが、まだまだ旅行や遠出を日常化するのは先の話になるだろう。そうすると更に恋しくなるは、ご当地グルメ。 あの日あの時あの場所で食べたあれが、たまらなく恋しい!!  食べたい!! ということで、ケンミンショーにも登場した姫路の名物アーモンドトーストが、姫路に行かなくても家で食べられると聞き、さっそくお取り寄せしてみた!! お取り寄せした先は、「姫路といえばここ!」というほどに有名な創作西洋菓子 大陸。戦後はじめて姫路にできた一番古い喫茶店で、約70年の歴史があるという老舗。筆者も一度訪れたことがあるが、時が止まったかのようなレトロな店内は、純喫茶好きだけにはとどまらず、多くの人を魅了する情緒ある空間だった。 この老舗喫茶店にオンラインショップがあるという噂を聞きつけ、早速アーモンドトーストを作るための「アーモンドバター」と、隠れた人気商品という「姫路のおでんケーキ」を注文。……すると3日後、とても愛らしいパッケージの商品が届いた! ジャジャーン! まずはアーモンドトーストを作るためのアーモンドバター。左上には姫路市キャラクターのしろまるひめが描かれているぞ! さっそく待望のアーモンドトーストを作ってみた!! 準備するものはアーモンドバターとトースト1枚のみ。いたってシンプル。 手順1、トーストにたっぷりアーモンドバターを塗る! 手順2、オーブントースターで焼く。以上!! なんて簡単なんだ……。面倒くさがり屋の私にもってこいである。 あとは、焼きあがるのを待つ。わくわく……。 !!!!!! 焦げた! 3分過ぎたあたりで、ちょっと目を離したら、その隙に焦げてしまっていた!! なんたる失態……。 ワンモア! ということで、今回は目を離さずに、ベストな焼き加減を逃さないぞ〜っ!! お、お、お。イイ感じになってきたぞ。ほんのりと食欲をそそる あまーい匂いが漂ってくる。これはアーモンドの香りだ。くーうまそう!! どうやら焼き跡がつくあたりからのスピードが思った以上に早い。目を離さないのがコツだ。 そして…… で、できた! これは……。数年前のあの日、姫路の喫茶店で食べたアーモンドトーストだ……。 よし、いただきまーす!! もぐもぐ…。 んん..
未分類

「ゲーム好きの夫への誕生日プレゼントに、PCキーボードをペイントしてみた…」AからZまで26タイトルのカスタムキー

ゲーマーの夫に、手作り感のある誕生日プレゼントを贈りたいと考えた妻が、1か月前からパソコンのキーボードをペイントすることにしたそうです。 マリオやカービィなど、夫のお気に入りのゲームをA~Zまで網羅したカスタムキーボードをご覧ください。 続きを読む
未分類

立ち食いそば屋だけど弁当スゲェ! 500円であふれんばかりの巨大から揚げがドン! ドン! ドォォォオオオンッ!! 立ち食いそば放浪記:第232回 京成関屋『雑賀屋』

から揚げは男をアホにする。デカイから揚げがドカーーーーンとあるだけで意味もなく叫び出したくなるのだ。爆発とから揚げは男のロマンである。 この度、そんなロマンを具現化したような弁当を発見したのでご紹介したい。男子注目! その弁当が売られているのは京成関屋駅にある『雑賀屋』……立ち食いそば屋である。 ・取り乱すレベル 以前の記事でもご紹介したこのそば屋。用事の帰りに通る道だったため、昼ご飯にそばでも食べようと寄ったところ、店の前に謎のテントが設置されていた。コロナ禍でどうやら弁当を売っている様子。近づいて見てみると…… から揚げSUGEEEEEEEE! 容器からあふれんばかりの巨大から揚げ弁当が売られているではないか! しかも、価格は、ご、500円だと……? バ……バカな……!! 戦闘力を見るに700~800円くらいでもおかしくないぞ……! このコスパはもはやから揚げ弁当ではない。超から揚げ弁当だ!! ハッ……貴様ひょっとしてカカロットか……? 弁当のあまりの戦闘力に思わずベジータになるほど取り乱してしまったが、この時にはすでに私(中澤)の心は決まっていた。店内に入り券売機の前に立つ。「メガ極上から揚げ弁当(500円)」のボタンを左端に見つけた。今だ! ビッグ・バン・アターーーーーック!!! 興奮のあまり再びベジータになってしまったが食券を購入しただけだ。そう、弁当も食券制なのである。カウンターで食券を渡すと無事メガ極上から揚げ弁当をゲットすることができた。さっそく家に帰って弁当を食おう! ・くそったれーーーーーーッ! フタを開けると眼前に迫るようなから揚げがドン! ドン! ドォォォオオオンッ!! ひと口ではとても食べられない巨大なから揚げが3つ入った弁当は、シンプルながらも圧倒的な迫力だ。まるでフリーザの第4形態のようである。食べてみたところ…… ふ……ふざけやがって……! View this post on Instagram 本日の昼ご飯 A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on May 26, 2020 at 4:36am PDT なんだこのウマさは!? デカイだけじゃなく肉が柔らかい! 噛むとふわっとした身からジューシーな肉汁があふれ出してきやがるッ!! くそったれーーーーーーッ! オレを..
タイトルとURLをコピーしました