【コラム】今年こそ痩せると言っていた人へ、今が「運動」のはじめ時かもしれないぞ / 3カ月ぶりにポールダンスの練習をして感じたこと

未分類
この記事は約3分で読めます。

緊急事態宣言が解除されたからといって、まだまだ油断はできない状況だ。東京都では解除後に、都民に注意を呼び掛ける「東京アラート」が出ている。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためには、日々の心がけと積み重ねが必要なのだろう。とはいえ、マスクを着用して手洗いうがいをして、いわゆる「三密」を避けるようにすれば、できることはある。運動もそのひとつではないだろうか。

自粛太りが気になる人や、かねてから運動しようと思っていた人は、今がはじめ時かもしれないぞ。その理由について、3カ月ぶりにポールダンスの練習をした私(佐藤)がお伝えしたいと思う。少しずつ運動をはじめるには、今が良い気がする。

最初に私の話を少し聞いて欲しい。できるだけ短く話すから、ちょっと聞いて!

コロナ禍に突入する直前まで、私は週2回スタジオに通って自主練習をし、週1回はレッスンを受けていた。1週間に3回は身体を動かす生活を、約2年続けていた。2016年にポールダンスを習い始めた当初はまだまだできることが少なく、自主練するほどでもなかった。しかしその年以来、身体を動かすことが習慣化され、身体はスリムに、そして筋肉質に変わっていった。

2019年10月末、ハロウィンの時におかしな格好をした上半身裸の写真がある。それを見ると、胸と腕の筋肉が発達していることがわかる。

だが、この3カ月間。厳密には3月19日を最後に、6月4日まで1度もまともに練習できなかった結果、筋肉の隆起は損なわれ、のっぺりとした身体つきのヒゲ面のオッサンになってしまった。まあ、ヒゲはあくまでもオプションなのだが……。

・身を削られていくようだった

正直、今回の外出自粛で何が1番キツかったかと言えば、身体を動かせないこと。練習できないことだ。40代後半、ただでさえ油断すればすぐに太ってしまうというのに、練習リズムが崩れたことによって、日増しに筋肉が細っていくのがわかる。コツコツ積み上げたものが、少しずつ少しずつ削られていくようだった。3年間地道に継続してきたのに、それをたった3カ月で奪われていく気がして……。

「何もしないまま敗北していく」、そんな気持ちを抱いてしまった。チキショー! 新型コロナウイルス、見えないなんて卑怯だ。姿を見せろ、コノヤロー! ぶん殴ってやる、全力でぶん殴ってやるよ。チキショー! チキショー……。

・みんな再スタートを切る「今」だ

幸いなことに、またこうして練習を再開できる。当面は人との接触を控えるために、1人でやっていこうと思う。(結局前置きが長くなってしまったか)。

さて本題です。勘のいい方はお気づきかもしれないが、今から何か運動を始めた方が良い理由についてお伝えしよう。私に限らず、またポールダンスに限らず、先生と呼ばれる人たちを除いて、ほとんどのアマチュアアスリートが、この3カ月近くの間、満足に練習できなかったはずだ。ということは、みんなが同じようにそれなりのブランクを持っている。

したがって、これから再スタートを迎えるタイミングが「今」の可能性が高い。経験者が再スタートを始める今に合わせて、運動を始めると一緒に成長できるかもしれない。人によっては有用なアドバイスをくれるだろう。ジムやスタジオで “初心者は1人だけ” という状況になると、妙な劣等感を抱くことがよくあるが、今ならその感情を抱かずに済むかもしれない。

・どんどん利用しやすくなるはず

もう1つ理由を付け加えておこう。まだまだ多くの施設が本格稼働していない。限られた時間、限られた条件のなかで、ジム・スタジオは運営している。そうなると、今後本格稼働した時に、より利用しやすくなっているはずだ。

感染拡大初期は、施設の利用制限や休業で閉塞的になっていったのに対して、今後は利用環境や利用時間が拡大し、より利用しやすくなっていくはず。今不便な状況に慣れておけば、本格稼働時に快適に感じるだろう。まあ、これはあくまでも感じ方次第ではあるけど……。

とにかく、今まで運動しようと思いながらも、そのチャンスをスルーしてきた人たちよ。まだまだ用心は必要だが、今から少しずつ何かを始めると、上手く習慣化の流れを作ることが出来るかもしれないぞ!

執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました