ケニアのスーパーで買える「有料レジ袋(50円)」がこちらです / カンバ通信:第12回

未分類
この記事は約2分で読めます。

ジャンボ〜。ケニアの首都ナイロビでタクシーの運転手やってるチャオスで〜す。え〜っと、ゴー(羽鳥)から聞いたんだけども、なんでも日本でも来月(2020年7月1日)からレジ袋が有料化されるのだとか。

そこで「ケニアはどうなんだ?」と聞いてきた。そうね、実はケニアも、とっくのとうに、スーパー等のレジ袋は有料化している。ちなみに価格は……

1枚50ケニアシリング(約50円)だ。

もしもショッピングに行ってマイバッグを持っていなかったら、有料の袋を買うことになる。価格は店にもよるし、袋の素材にもよるけれど、いずれにしてもポリ袋(ビニール袋)ではない。日本は、まだ有料ながらポリ袋が買えるんだろ? ケニアは違う。ポリ袋の存在自体が違法なんだ。

このあたりのことは、過去に「マサイ通信」でも取り上げているけれど、もしも違反したら「最大7年間の禁固刑もしくは約200万円以上の罰金」とのルカ情報。ちなみにこれ、「世界一厳しいポリ袋の禁止令」とも言われている。この法律ができた時は、さすがに少し戸惑ったけど、今ではもう慣れっこさ。

そのうち日本でも、ポリ袋自体が禁止になるかもしれないな。でも大丈夫。ポリ袋がなくてもなんとかなる! 買い物行く時はマイバッグを忘れずに。ちなみにケニアのスーパーのエコバッグとか、なにげに実はオシャレだよ。では、クワヘリ〜!

Report:チャオス(カンバ族)
超訳・イラスト:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前回へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました