人生初の鼻眼鏡(老眼鏡)にチャレンジしたら思いのほか似合ってビックリした! これでイケてるジジイになれるッ!!

未分類
この記事は約3分で読めます。

この2カ月半の間、ほとんど出かけることがなかった。近所のスーパー・コンビニの店員さん以外に人に会う機会のなかった私(佐藤)は、髪もヒゲも伸ばし放題。自宅用の眼鏡をかけて過ごしていたので、1つ大事なことを完全に忘れていた。眼鏡よりも度数の強いコンタクトレンズを着けた時だけ発動する、 “初老特有の悩み” のことを。

老眼である。ド近眼であるおかげでその進行は緩やかだが、コンタクトの効果で視界が広がると、反比例するように手元が見づらくなる。あいにく100均で買った老眼鏡は編集部に置きっぱなしだ。そこでためしに買ってみた。人生初の「鼻眼鏡」というヤツを。これが思いのほかオシャレでイイ!

・鼻眼鏡とは?

鼻眼鏡というと、仮装用のオモチャを思い浮かべる人がいるかもしれない。付けヒゲのついた黒縁眼鏡、アレもたしかに鼻眼鏡と呼ばれているのだが、今回紹介するのは、クリップ式で鼻にとめるホンモノの眼鏡のことだ。弦(つる:テンプルともいう)も鼻パッドもなく、眼鏡状に2枚のレンズが並んでいるだけである。

私がアマゾンで購入したのは、「カードタイプ老眼鏡」だ。約1センチ弱の薄型ケースに眼鏡がすっぽりと入ってる。購入価格は1080円、自分が老眼鏡をかけるようになって、普通の眼鏡より老眼鏡の方が断然安いことを知った。まあ、100均で売っているくらいなので、通常の眼鏡タイプのものでもそれほど高くないようだ。

・着け方がわからない……

実際に装着してみよう。鼻にクリップするだけなのだが、やってみると、コレが意外と難しいことに気づいた。小鼻の上から鼻骨を挟むようにすると良さそうなのだが、初めての経験なので、なかなかポジションが定まらない。

あまり下の方に着けてしまうと、鼻の穴をふさいで呼吸ができん! 洗濯バサミをつけているのと同じじゃないか……。

ベスポジを見つけるために、試行錯誤を重ねた結果、見つけた! 着けるのに良い場所を!! ここだな。手元を見ると、よく見えている。スマホの文字がよく見える~!

手元から視線を離すと、周りもよく見えている。いちいち老眼鏡を着けたり外したりする手間がない。コレいいねえッ!

・帽子とヒゲとの相性抜群!

実はコレを購入する時、ひそかに画策していたことがある。きっと鼻眼鏡は、帽子やヒゲと相性が良いのでは? そう思っていたのだ。そういうワシも、もう46歳や。いつまでも若々しくいたい。とはいえ、限度がある。ジジイになっても若作りするのは、かえってみすぼらしいと、常日頃から思っとったんじゃ。

だから、これからはいい歳とったジジイを目指そうと思っとるんじゃ。きっとこの鼻眼鏡は、そんなイケてるジジイの力になってくれるはず! そう思っとったら、その狙いは見事に的中じゃった。

見てくれ。ハンチングとヒゲと鼻眼鏡、合う!

ベレー帽とヒゲと鼻眼鏡、合う!

ハットとヒゲと鼻眼鏡、合う!

パナマハットとヒゲとディズニーのアロハと鼻眼鏡、合う!

このほかにも鼻眼鏡が通販で購入できることを発見したので、今後は鼻眼鏡を収集しても良いなと思った次第だ。そんなに高くないし。いずれにしても、私はイケてるジジイになることを目指したいと思う。老化に適度にあらがいながら、いい枯れ具合を目指していくので、応援よろしく! みんなでイイ感じの年寄りになろうぜッ!!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました