【100均検証】幅広ブラシ『プレミアムケア』にソックリな歯ブラシがダイソーに売ってたので磨き比べしてみた

未分類
この記事は約2分で読めます。

突然だが、プレミアムケアが大好きだ! 「え? なにそれ?」と言う人のために説明すると、エビス株式会社が展開している、幅広ヘッドの歯ブラシシリーズのことである。これに出会って以来、もうプレミアムケアしか使えない!! 一気に磨けるのが最高に気持ち良いのだ!

そんなある日。なんとなくダイソーの歯ブラシコーナーを物色していると……めちゃんこプレミアムケアにクリソツな歯ブラシが売っているではないか! しかも2本で100円ときた!! こっ、これは……! チェック!!

私の近所のダイソーでは、「6列植毛・48穴の幅広ヘッド」のシリーズが売られていた。やわらかめ、ふつう、かための3タイプ。とりあえず、ふつうとかためをゲットした。

一方、近所のドラッグストアに行ってみると、各種プレミアムケアが売られていた。6列、7列、8列と、様々なタイプが売られているが、チョイスすべきはダイソーに合わせて「6列」であろう。ちなみに価格は税抜き288円。ダイソーのが2本で100円なので約6倍といったところか。

両者そろって、

いざ、尋常に!

まずはクリソツすぎる「指押さえ」から見ていこう。なぜこうも似通ったデザインにしてしまうのかダイソーは。これではまるで、「パクってます」と言っているようなものではないか。

肝心かなめの幅広ヘッドも、配色が違うだけで、ビックリするくらい同じである。もちろん「48穴」も同じであった。

ところが!

横にしてみると違いが顕著に現れた。

ダイソーの方が、毛が長いのである。

はたしてこの違いが吉と出るか、凶と出るか……

それぞれの歯ブラシで……

ゴシゴシゴシゴシ

その結果……!!

あくまでこれはプレミアムケアに慣れている私の見解だが、プレミアムケアのほうが気持ち良い。「圧倒的!」とまでは言えないけれど、間違いなくプレミアムケアの方が「繊細に磨けている感じ」がしたのであった。

対するダイソーの方は、なんか少しだけ痛い。毛が長いのが凶と出たのか、ちょっとトゲトゲしい感触なのだ。もうひとつ違うな〜と思ったのは、ブラシ(毛)の強度というか、コシである。

ダイソーの方はフニャ〜ッと根元から折れてしまうのに対し、プレミアムケアのほうはググッと踏ん張ってから曲がる感じ。草木に例えるなら、プレミアムケアの方が新鮮かつ、しっかりと根を張っている感じなのだ。

結論的にはこの勝負、当然プレミアムケアに軍配が上がる。ダイソーの方は旅行用の使い捨てとして使うのもアリかな〜と思ったりしたが、やはり自信を持ってオススメできるのはプレミアケア。どうあがいても、本物には敵わないのだ。

参考リンク:エビス株式会社「プレミアムケア」
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました