【ポケモンGO】12kmタマゴをかき集めろ! ロケット団のしたっぱと出会いやすくなる小ワザ

未分類
この記事は約3分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も12kmタマゴを集めているかな? お兄さんはついさっき、5kmタマゴが割れたのに気付かずポケストップを回しちゃって鬼凹みしているところさ。まあ、出たのが2kmタマゴだったから良かったけど、10kmタマゴだったら泣いてるよね!!

それはさておき、12kmタマゴの実装以来、どなた様もGOロケット団と激しいバトルを繰り広げていることかと思うが、みんなはこう思ったことはないだろうか? 「というか、ロケット団のしたっぱがいねえよ」「ちゃんと仕事しろよ、したっぱども!」と──。

・全ては12kmタマゴのために

詳細についてはこちらの記事をご覧いただくとして、12kmタマゴを集めるにはロケット団のリーダーを倒す必要がある。タマゴの空きを作ってから、リーダーたちと慎重にバトル。12kmタマゴが導入されてから、多くのトレーナーのルーティンになっていることだろう。

だがしかし、リーダーと出会うのもそう簡単ではない。そう、リーダーたちを出現させるためにはロケット団のしたっぱ6人を倒し、ふしぎなパーツを6つ集める必要があるからだ。「次の5kmタマゴが割れるまでにしたっぱ6人を倒す」──。もはやお兄さんの習慣である。

それなのに出てこないときはサッパリ出てこないのが、したっぱたちの悩ましいところ。お兄さんがサカキなら「もうちょっとちゃんと仕事しろ!」と一喝したいところだが、コンプライアンス第1主義のこのご時世、サカキ様もそういうワケにはいかないのだろう。そこで使えるのが「ロケット団のしたっぱと出会いやすくなる小ワザ」だ。

・サカキを放置しろ

やり方は非常に簡単。サカキを出現させるための「スーパーロケットレーダー」を起動し、サカキを倒さずに放置しておくだけ。どういうことかというと、サカキに扮したオトリのしたっぱたちを強制的に出現させ、ふしぎなパーツ集めに協力してもらおう、というワケだ。

この方法を活用すると、フィールド上で黒くウネウネしていないポケストップにもしたっぱが出現するので、ふしぎなパーツ集めがかなりはかどる。あくまで個人的な体感になるが、普段の倍くらいはしたっぱが出現するのではないだろうか?

もちろん、オトリではなくサカキ本人が出現することもあるが、そんなときはバトルをせずに逃げればOK。スーパーロケットレーダーはサカキを倒さない限りなくならないので、シャドウミュウツーが捕れなくなるギリギリまでは、この小ワザが使えるはずだ。

・弱点もあり

ただし、弱点もある。スーパーロケットレーダーを起動しっ放しにしておくと、気球に乗ってやってくるのがすべてサカキになってしまう。そうなるとしたっぱを倒してふしぎなパーツをゲットできなくなるから、気球がやってきそうな時間になったらスーパーロケットレーダーを解除しておこう。はい、ここテスト出ますよ!

なお、オトリが使う1番手のポケモンは「シャドウマダツボミ」が確定で、2番手以降はそのまま くさタイプが続くか、ノーマルタイプ(ラッタ)が出てくる場合もある。稀に3番手でカビゴンが登場するから、念のためノーマルタイプ対策として かくとうタイプの「ルカリオ」あたりを入れておきたい。

12kmタマゴから出る「メグロコ」「コマタナ」「バルチャイ」あたりは、まだまだ全てのトレーナーに行きわたっていないハズ。つまり、割るしかないねん……! さらに言うと、したっぱを倒し続けるしかないねん……!! さすがにロケットレーダーに課金は出来ないっすヨ! それでヤブクロン出たら憤死しますヨ!!

というわけで、したっぱと効率よく出会いたいトレーナーは、サカキを倒さずに放置し続けることをオススメしたい。この方法だと意外とサクッと6回戦えるよ! ちょっとだけ無視され続けるサカキ様が可哀相だけどね!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました