入手困難だった「どうぶつの森」amiiboカード全75枚が届いた! 驚きのダブり率もご紹介

未分類
この記事は約4分で読めます。

島民のみなさん、ハロウィンは楽しんでいるかな? 『あつまれ どうぶつの森』ブームで、過去に流通していたamiiboカードの再販が決まったことは以前にご報告した。

好きな「どうぶつ」をゲーム内に呼び出せるため、人気のカードは高額で取引される状況となっていた。たとえば大手通販サイトでは「ジュン」などの人気キャラクターに、現在でも数千円の価格がついている。

今回のamiiboカードは受注生産で「転売屋による買い占めで品薄」といった事態は回避されている。筆者のもとにも商品が届いたので、一緒に中身をみていきたい。ダブり率も公表するぞ。

・1パック3枚入り(税込330円)で全450種

再販されたのは「どうぶつの森 amiiboカード」第1弾、第2弾、第3弾、第4弾の全400種。加えて『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』バージョン全50種だ。

1人5点までの購入制限があり、5シリーズなので計25パック(税込8250円)が上限となっていた。悩んだ末、筆者は上限まで注文。「10月末日までにお届け」だったので、予定どおりの到着だったといえる。

この間、全国の販売店にも順次出荷されていたはず。そのため、予約よりも店頭で購入した方が早く手に入るという逆転現象もあったかもしれない。

・『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』amiiboカード(全50種)

はじめに第1弾〜第4弾のシリーズからは外れる『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』バージョンを開封! 2016年の商品だ。

当時の『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』で使うと「キャンピングカーに乗った特別などうぶつが登場」ということで、全員が車に乗っているイラスト。カードも横向きだ。

内装も細かく描きこまれ、凝ったデザイン。一方で、第1弾〜第4弾にあるキラキラの「SPカード」は入っていない。

ダブりはなく、非常に幸先がいい。この調子でどんどん開封しよう。

これは「パタヤ」! 現在の筆者の『あつまれ どうぶつの森』で、無人島に最初に渡ってきたキャラクターだ。初期メンバーというのは愛着がわくし、さばさばした性格も好印象。筆者にとってはちょっと特別な存在になっている。

・第1弾(全100種)

改めて「どうぶつの森 amiiboカード」シリーズを第1弾から順に開封していこう。ちなみに筆者は特に「○○狙い」といったターゲットキャラはいない。ゲーム内の偶然の出会いで満足している。

どうぶつの森は、人それぞれの楽しみ方ができるのが魅力。どうぶつとの交流が楽しい人、コレクションが楽しい人、家づくりが楽しい人、いろいろなプレイヤーがいていいと思う。

1パック3枚入りでランダム封入。全100種もあるから、確率的にはダブりが出る機会はだいぶ少ないはず。前回記事で忘れてしまっていたのだけれど、1枚は必ずSPマークのメインキャラクターが入っているんだった。たとえば今回なら「カブリバ」だ。

4パック開けてもかぶりなし。

5パック開けてもパーフェクト! 開封した中では「リリアン」や「ももこ」が、キュートなキャラクターとして人気があると思う。

・第2弾(全100種)

続いて第2弾を開封。カード番号は「101」からになっていて、第1弾に続けてコレクションできる。

タイムリー! ハロウィンにちなんだ「パンプキング」が出た!

どんどん開けていこう。ここまでまったくダブりがない。素晴らしい!

おおっ、これは! 好きな住民ランキングでも必ず上位に食い込む「1ごう」! ヘルメットをかぶったネコのキャラクターだ。

すべてダブりなし。今回1番のラッキーアイテムはやはり「1ごう」だろう。一時期は1万円を超す価格で取引されていたとか……。

・第3弾(全100種)

じゃんじゃんいくぞ。第3弾を開封。

「ロボ」が出た。「シベリア」「ロボ」「ビアンカ」などのオオカミたちも、見た目がかっこよくて人気があるという。住民ランキングでも常連だ。筆者の島にいる「チーフ」も男らしく兄貴肌の性格で、とてもいいヤツなのだ。

うん、すべて違うカードだ。これは、ある可能性が浮上してきた。

・第4弾(全100種)

順調に開封作業は続く。「まめきち」「つぶきち」のようなメインキャラクターは違う衣装で何度も登場して楽しい。

最後の1枚は……「ハッケミィ」でした。強烈だな!

・結論

かくして、全75枚の確認が終わった。手元には大量のカード。

結果、まさかのダブりゼロ!

もちろん筆者がもとから持っていたカードが結構あって、それとのかぶりはある。初見のカードしかない、という状況ではない。けれども、今日開封したものに限ると、1枚もダブっていない。

これは……任天堂さん、やってくれたな。たまたま筆者の運が超絶よかっただけとは思えない。ダブりの出ないロットで出荷している可能性が極めて高いのでは……!? 同じ5パック買うのでも、小売店からだとこうはいかないだろう。

amiiboカードをNintendo Switch本体に読み込ませると、キャンプサイトや撮影スタジオにどうぶつを呼ぶことができるぞ。筆者もさっそくやってみる。

参考リンク:任天堂
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました