【正直レビュー】マクドナルド『ごはんダブチ』を食べてみた! 他のごはんバーガーと違う2つのポイント

未分類
この記事は約2分で読めます。

マクドナルドの新しいごはんバーガー「ごはんダブチ」がウマイと噂になっている。現在、17時からの夜マックでごはんバーガーが復活しているわけだが、2020年10月28日にそこに加わったのが「ごはんダブチ」だ。内容はダブルチーズバーガーをごはんで挟んだもの。

いやいや、でもそれ味の予想つくやん? 他のごはんバーガーと比べてウマイって言うほどなんだろうか。気になって食べてきたため、正直にレビューする。

・価格

まず、価格から触れると、ごはんダブチは単品税抜き390円。ダブルチーズバーガーが340円なので50円差がある設定だ。とは言え、ごはんてりやき(税抜き390円)にしても、ごはんベーコンレタス(税抜き410円)にしても、ごはんチキンフィレオ(税抜き410円)にしても、同様の価格差なので特に高くなっているという心配はないだろう。

・ポイント1

しかし、食べてみると、他のごはんバーガーとは明確に違うポイントが2点ある。1つは肉感。2枚のビーフパティの肉の旨みが想像以上に感じられる

これは挟んでいるのがごはんであるため、口の中でより一体化することによって生じる効果かと思われる。焼きおにぎりのようにごはんについた醤油味も肉の味を引き立てているように感じた。

考えたら、ごはんバーガーの中で100%ビーフパティが入っているのは「ごはんベーコンレタス」だけだった。しかし、個人的には米の味に対し肉の味が足りないと感じていたので、ごはんダブチがごはんベーコンレタスより20円安いのは得に感じる

パンの甘みも強い通常のハンバーガーだと、上記のような点は気にならなかったが、これが相性というものなのかもしれない。逆に言うと、これだけでもダブチとごはんバーガーの相性は良いと言える。

・ポイント2

もう1つのポイントはソースだ。ごはんダブチには唯一ケチャップが使われている。マヨネーズかオーロラソースで若干もったりした味の他のごはんバーガーと違い、キレがあるケチャップの酸味と甘みと肉とチーズのバランスが非常にアメリカン。原色のポップアートのような派手さがある。

むしろ、本家ダブチよりもダブチの味が前に出ているように感じた。これもひょっとしたらバンズほど味が強くないご飯だからかもしれない。

まあ、マクロな視点でウマさの話をすると、マクドナルドのごはんバーガー自体が苦手な人はウマイとは感じないと思うので好みによるとしか言えないが。個人的には、マクドナルドのごはんバーガーの中で一番肉とごはんのバランスが良いと思った。

参照元:マクドナルド「ごはんダブチ」
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました