七夕の日に“スターマン”を聴く〜星になってしまった男、デヴィッド・ボウイを偲んで

この記事は約6分で読めます。

今日は七夕。
日本では今夜、たくさんの子供達が夜空を見上げて星を眺めることだろう。

「子供達に心を使わせよう」
「子供達みんなにブギーをさせよう」


2016年1月10日、デヴィッド・ボウイは星になった。
当時、日本時間では、1月11日15時30分に更新されたFacebookの公式アカウントで「18ヶ月におよぶ癌との勇敢な闘いの末、家族に見守られながら静かに死去しました」と報告された。
亡くなる二日前の1月8日、69歳の誕生日に通算25作目となるニュー・アルバム『★(ブラックスター)』をリリースした直後の旅立ちだった。


スターマンだ!彼が空で待っている
僕達に会いに来たがっている
彼は言った
「子供達の心を発狂させよう」
「子供達に心を使わせよう」
「子供達みんなにブギーをさせよう」


この「スターマン」という歌は、彼が1972年の6月リリースした5作目のアルバム『ジギー・スターダスト』に収録され、同年の4月にシングルカットされた言わば“ボウイの代表曲”である。
この作品(アルバム)は、彼の最高傑作として高い評価を受け、現在においても「20紀最高のアルバムは?」というアンケートやチャート企画を行うと必ずランクインしているほどの名盤だ。
異星からやってきた架空のロックスター“ジギースターダスト”が地球上で成功し、そして没落していくまでを描いた物語。
彼は自らが異星からやってきた架空の人物となり、あたかもその人物が実在しているかのように完璧に演じながらプロモーションからツアーまでを行った。
1972年の1月末にこのジギースターダストでステージに立つと、2月から始まったUKツアーで本格的にジギーとしてパフォーマンスを始める。
4月からのUSツアーのため、クイーンエリザベス2世号でアメリカに乗り込むという演出で世界中のロックファンの度肝を抜く。
そして6月にアルバム『ジギー・スターダスト』をリリース。
7月〜8月にかけて再びUKツアー、9月からまたアメリカに渡りUSツアーを成功させる。
ニューヨークのカーネギーホール公演では、アンディーウォーホール、ルーリード、イギーポップなどが客席に姿を見せ、ジギーに熱狂したという。
加熱してゆくジギー旋風はとどまることなく、翌1973年の1月からさらにUSツアーを行い、4月には日本にも初上陸を果たす。
そしてイギリスの帰国した彼は、5月からUKツアーを再開し、7月3日ロンドンのハーマスミスオデオン公演で事実上のジギーとしての活動を停止する。
デヴィッドボウイが“ジギー・スターダスト”として活躍した期間はたった1年半だった。



宇宙からやってきた使者として、ジギー=ボウイはこの期間にグラムロックブームの頂点に君臨することとなる。
彼は、まさにこの曲に登場する“スターマン”を見事に体現してみせたのだ。
自らの死を予言するかの如く『★(ブラックスター)』というアルバムをこの世に遺して…彼は星になった。

見上げてみな、俺はここ、天国にいる
俺には傷跡がある、見えないけど
ドラマがある、決して奪えない
今や皆が俺を知っている
見上げてくれよ、もう死にそう
失うものなんてもう無い

デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』

ワーナーミュージック・ジャパン

こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。




【佐々木モトアキ×Keith “唄うたいと雷神”】
6月18日(土)金沢JealousGuy
6月19日(日)富山・高岡GOOD FELLOWS
6月25日(土)高円寺MOONSTOMP
7月22日(金)青森Be on café 222
7月23日(土)岩手・二戸 HOUSE OF PICNIC 
7月24日(日)秋田Yuki’s Hookah Bar(昼公演)
7月24日(日)秋田Yuki’s Hookah Bar(夜公演)
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12733597546.html

【歌ものがたり2022 雨ニモマケズ風ニモマケズ】


7月2日(土)北九州・黒崎 居酒屋 中村屋
7月3日(日)大分・宇佐 音小屋REBOOT
7月8日(金)福岡Bassic Rock Fes. 2022前夜祭@graf
7月9日(土)佐賀 雷神 
7月10日(日)長崎 タンゲ食堂
7月16日(土)米子Music Bar Hana Hana
7月17日(日)鳥取LOVE FLASH FEVER
7月18日(月・祝)松江B1
7月30日(土)静岡・御前崎Cook House椿
7月31日(日)愛知県・東海市Funky LIVE Dinerダイナマイト
8月6日(土)東京(調布市)柴崎RATHOLE
8月7日(日)埼玉・新所沢LAD COMPANY 
8月19日(金)徳島SOUND SPACE FUN
8月20日(土)徳島Music Bar Ricky 
8月21日(日)倉敷 下津井スタイラス
8月22日(月)兵庫(伊丹) BAR BOILER ROOM
8月26日(金)東広島(西条)HOTEL VAN CORNELL屋上
8月27日(土)久留米 農と音2号店
8月28日(日)大牟田 陽炎
9月17日(土)京都LIVE&SALON夜想
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12733736025.html



佐々木モトアキの楽曲「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post 七夕の日に“スターマン”を聴く〜星になってしまった男、デヴィッド・ボウイを偲んで appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました