【コクがすごい】カップ焼きそばに「ラー油」を加えたら革命が起きた / 大阪王将の “中の人” 直伝テクを応用した結果

未分類
この記事は約3分で読めます。

それを食べた瞬間、「ついに見つけた」と私は確信した。念のため、近くにいたディズニーマニア田代大一朗にも味見してもらってところ……絶賛! 同じくたまたま近くにいたPouch編集部の百村モモにも食べてもらったところ……大絶賛!

ほらほら、やっぱり。思った通りだ。こいつは明らかに美味くなっている。間違いない。カップ焼きそばにラー油を加えたら、間違いなく美味くなってるって。マジだって。嘘だと思う人はやってみ〜。

もはや本記事で言いたいことの9割は言い切ってしまった感があるのだが、ここで終わるのも何なので、ついでに私がこれを発見する経緯についても紹介しておきたい。

そもそものきっかけは、私が「大阪王将」の人に「中の人が実践しているアレンジを教えて」と聞いたことだった。すると、大阪王将の “中の人” はいくつかアレンジを教えてくれ、その中の1つが……

「アレンジ①焼きそばにレバニラをオン
アレンジ②酢に鉄ラー油を溶かして、焼きそばにかける」

──であった。

教えてもらった翌日くらいだろうか。私は職場近くの大阪王将に行った。ソース焼きそば(炒め焼きそば)とレバニラ炒めを注文して試したところ美味い。レバニラをオンする「1」のアレンジも良いが、個人的にはラー油オンの「2」の方が好みだ。

だから、鉄ラー油アレンジを何度かやった。焼きそばを変えて、「五目あんかけ焼きそば」とかでもやった。

どっちの焼きそばでもラー油に合うな〜と感じたそのとき、ふと気になったのだ。

大阪王将の焼きそば&ラー油じゃなきゃダメなのかな?

つまり……

「インスタントのカップ焼きそばに、コンビニとかで買ったラー油をかけても美味くなるのかな?」

──と。結果として大当たりだったのは先述の通りなのだが、辛み以上に焼きそばのコクが際立ったのは予想外。しかも、「食べるラー油」のような凝ったラー油ではなく、ごく普通のラー油でコクがマシマシになったのも予想外だった。

まぁもちろん、ラー油の種類やらかける量によって、辛みとコクのバランスは変わってくる。特に量は辛さを大きく左右するので、各自好きな加減を見つけて欲しい。

その参考になる……かどうかは不明だが、最後に、「U.F.O.にラー油を1周回してかけ、それを食べた当編集部員の感想」も記載している。

また、食べているときの様子は動画「【裏ワザ】カップ焼きそばに “ラー油” を入れるだけで革命的にウマくなる!」としてYouTubeにアップしているので参考にしてくれ〜。

・田代大一朗

「絶対おいしくなってる! ラー油が全然邪魔していない。邪魔しているどころか、風味がアップしている」

・百村モモ

「私カップ焼きそば苦手なんですけど、ホンモノに近づいた気がする。ちゃんとフランパンで焼いたものに近くて……。なんでだろう? 全然違う! 香りとスパイスがちゃんとソースを引き立ててる気がする。びっくり」

GO羽鳥

「家で焼き肉して、最後に焼きそばやるじゃん。アレに似てる。めちゃくちゃ美味い」

中澤星児

「ラー油なんだ。あんまりピリっとはしないですね。でも味が濃くなった気がします」

佐藤英典

「ちょっとだけど、すごい変化した感じ。美味しゅうございました」

御花畑マリコ

「ちょっとピリっとしますね。でも美味しい」

ジュンくん

「美味しいですよね。ちょっとピリッと。まぁ合いますよね」

瓦野晋治

「今、お昼を食べたばっかりなんですけどねぇ。食べてしまいたくなりますね」

参考リンク:大阪王将
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「飲食店の “中の人” に お気に入り のアレンジを聞いてみた

タイトルとURLをコピーしました