新潟名物・燕ラーメンが京都で開花! とことん背脂を追求する「セアブラノ神」が屋号に偽りなしの名店だった / 京都ラーメン巡り

未分類
この記事は約3分で読めます。

京都の美味しいラーメン屋を食べ歩く「京都ラーメン巡り」。今回は各地のラーメンイベントで受賞が相次ぐなど、近年の京都ラーメン界をリードする注目の一軒「セアブラノ神」を紹介しよう。

背脂の可能性に注目し、その旨みを極限まで追求。そこに新潟名物・燕ラーメンのエッセンスを加えた一杯は、まさに「神」の名に恥じない極上の一杯だった!

・新潟のご当地ラーメン

お米や日本酒の美味しいイメージがある新潟だが、実はラーメンも盛んに食されている地域である。特に煮干系のスープに背脂と極太麺を合わせた燕ラーメン(燕三条ラーメンとも)は、ご当地ラーメンの一種として近年注目を集めている。

「セアブラノ神」は、そんな燕ラーメンを京都で提供するお店。各地のラーメン店が味を競い合うイベント「関西ラーメンダービー」を連覇するなど、その活躍は目覚しいものがあり、まさに今、勢いのある店という感じだ。

それにしても気になるのは「セアブラノ神」という特徴的な屋号である。本来、背脂はスープに風味を加えたり、冷めにくくするための補助的な食材のはず。その背脂を主役にまで昇華させて突き詰めたラーメンとは、一体どのような味なのだろうか?

・文句なしの完成度!

壬生本店と伏見剛力店の2店舗があり、今回は壬生本店へとやってきた。

期間限定メニューなどもあるが、基本となるのは「背脂煮干そば(800円)」。麺は中太麺と太麺から選ぶことができ、また並盛より少し量が多い中盛にも無料で変更できる。

もちろんスープには背脂がビッシリ浮いているわけだが、注目したいのは背脂の量ではなくである。

粒が大きく一粒一粒に芳醇な旨味があり、素人でも質の良い背脂であることがハッキリ分かる。粒が立っているのでプチプチと弾ける食感も楽しむことができ、まさに屋号に違わぬ背脂が主役の一杯といえよう。

燕ラーメンの特徴である煮干スープも美味しい。個人的に魚介の味が強すぎるラーメンは苦手なのだが、こちらのスープは煮干感が控えめでアッサリとして飲みやすい。そこに背脂のコクが加わる。

レア寄りに仕上げられたチャーシュー、コシのある極太麺も文句なし。店名から想像するような脂っこさは全くなく、全てにおいて完成度の高さが印象に残るラーメンであった。流行っている店には相応の理由があるということだな!

・禁断のサイドメニュー

また、背脂をライスにトッピングした「セアブライス(200円)」なるド直球のサイドメニューもある。これは扱っている背脂に自信がなければ出せないメニューだろう。

こちらはラーメンとは異なり、好みの分かれる味かもしれない。最初の一口こそ「ウマッ!」と感動したが、最後まで食べると少し重い感じがした。やっぱり背脂はスープに溶かすくらいがちょうどいいのかも……

だが最初に感じた「ウマッ!」が感動ものだったのはマジ。注文してみる価値はあると思うぞ。

背脂へのこだわりを追求することで、単なる燕ラーメンの模倣ではなく独自のスタイルを確立した「セアブラノ神」。新潟のラーメンは新潟で食べれば良いじゃない……なんて言わず、ぜひ京都に来た際には食べてみてくれよな!

・今回紹介したお店の情報

店名 セアブラノ神 壬生本店
住所 京都市中京区壬生相合町25-4 デイスターアベニュー1F
時間 11時~15時LO、18時~22時LO
休日 無休(1月1日のみ定休)

参照元:セアブラノ神
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り

タイトルとURLをコピーしました