松屋カチャトーラにベトナム醤油『チンスー・トイオッ』を入れたらコクが増して激ウマに! 勢い余って紙皿ごと食べてしまうレベル!!

未分類
この記事は約3分で読めます。

なんかひと味足りないんだよな。松屋のカチャトーラについてそう思ってしまうのは、シュクメルリを知っているからかもしれない。ウマイんだけど、シュクメルリやオリジナルカレーほどの衝撃がないのだ。剣道で言うと、踏み込みが足りずに一本が取れてない感じ

そこで、魔法の醤油『トイオッ』をかけてみることにした。上限レベルのシュクメルリすらも限界突破させたこの醤油なら、カチャトーラも踏み込めるかもしれない。

・『トイオッ』とは

「ベトナムで知らない人はいない」というソースブランド・チンスー。その中でも1、2を争うヒット商品がニンニクチリ醤油『トイオッ』だ。ニンニクと唐辛子が配合された味はスパイシーでありながら醤油の甘みも持っており、私のベトナム人の友人いわく「一家に一本の国民的醤油」なのだという。

そんな『トイオッ』を松屋のシュクメルリに入れたら、ただでさえ美味しいシュクメルリの味が引き締まったことは以前の記事でお伝えした通りだ。

・カチャトーラにも入れてみる

まずは、カチャトーラをそのまま食べてみたところ、チキンもゴロゴロだしトマトの酸味にチーズの豊潤さがウマイ。とは言え、トマトとチーズなんだからウマイのは当然だ。厳しく評価すると、その味は想像の域を出ていないと言える。

もっと来い! もっと来いよ松屋!! ごろチキやシュクメルリくらい俺の魂に踏み込んで来い!

失礼。ついつい興奮してしまったが、なんかそんな気分になってしまうのは事実なのだ。やはりこれは『トイオッ』を入れてみなければなるまい。

・賭け

とは言え、シュクメルリはクリーム系なのに対してカチャトーラはトマト系。言わば「流派が違う」ので、同じ調味料が合うのかは不明である。

これは賭けだ。ひょっとしたらカチャトーラはトイオッ軍曹のシゴキに耐え切れず壊れてしまうかもしれない。が、それでも私は見てみたいのだ。成長したカチャトーラの姿を。いざ、尋常に。『トイオッ』をスプーン1杯分投入して食べてみたところ……

一本ッ!!

勝負は一瞬だった。ひと口食べた瞬間、明らかにコクが増したカチャトーラが私の魂に踏み込んできたのである。醤油の味はせずに、濃縮還元されたように旨みがアップしているではないか。良い踏み込みだ。しかし、本当に驚いたのは米と一緒に食べた時……

ウンマッ

米とのコミュニケーション能力が段違いにレベルアップしているッ!! 米の甘みとコク深く生まれ変わったカチャトーラの酸味が非常にマッチするのだ。止まらねェェェエエエ! 勢い余って紙皿ごと食べてしまうレベル!!

・卒業

1人でウマくなるのではなく、定食というチームで階段を上ったカチャトーラ。もはやカチャトーラに私から教えられることはない。卒業だ。どこへでも行くがいい。

それにしても、トイオッもまたさすがである。これはひょっとしたら、味覇(ウェイパー)以来の万能調味料かもしれない。売ってるのを見かけたら迷わず購入することをオススメするぞ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました