【検証】IKEAから299円の防水バックパックが登場 → 2Lの水で容赦なく濡らした結果

未分類
この記事は約2分で読めます。

IKEA(イケア)にとんでもない新商品が登場していた。A4サイズがギリギリ入るぐらいのバックパックが、なんと299円(税込)で発売されていたのだ。しかもこのバッグパック、激安ながら防水だというのだ。凄すぎる。

果たしてその防水っぷりは、どの程度なのだろうか。2Lの水を使って容赦なく水責めしてみた。

・ビッチャビチャにした結果

IKEAの激安防水バックパックこと「PIVRING(ピヴリング)」はグレーとグリーンの2色展開。筆者はグレーを購入してみた。ポケットは外に1つついているのみという、シンプルなデザインだ。

今回はその防水性能を確かめるため、水濡れが分かりやすいグレーのスウェットを中に入れて水をかけてみる。

2Lの水を360度、容赦なくかけるよ〜!

防水の弱点になりやすい、縫い目やファスナー部分にもザバザバかけていく。

上からだけでなく、底面にもたっぷりとかけていき……

水がしたたっている状態から、ダメ押しで最後の一滴までかけていく。

2Lの水を一身に浴びたバックパックは、どう見ても水を吸ってしまっているように見える。色が変わってしまっているじゃないか。しかし、背面を見てみると、最後に上からかけた分以外は乾き始めているようにも見える。

側面も、ところどころ水滴がついているため水を弾いているように見えなくもないが、濡れそぼっている。一方で、やはりすでに乾き始めている部分もあるように見える。

底面も同様、乾き始めている部分と色が変わるほど水を吸っている部分が混在している。果たして、スウェットの様子はいかに。中を確認してみると……

思っていたよりは濡れていない! ──が、濡れてはいるという、微妙な結果に……。しかし、ファスナーの上からしつこく水をかけ、ぐっしょりと水を吸っていたように見えたが、意外と一部しか濡れていない。

側面は、ファスナーのスライダーがある側は濡れてしまっていたが、反対側はほぼ濡れていない。

一方底面は、ぐしょ濡れだったバックパック同様、スウェットも濡れてしまっていた。しかし背面と表面に当たる部分は濡れていなかったため、ある程度の防水性能はあると言えるだろう。

多少の雨ぐらいならば、中の物までビッチャビチャになることは防げるのではないだろうか。あまり大きな物はいれられないが、気になった方はぜひ。

参照元:IKEA「PIVRING(ピヴリング)」
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました