【待ってた】あの『資さんうどん』がオンライン販売を始めたばい! さっそく注文してみたところ… → あまりに「いつもの味」で福岡出身者が泣きそうになった話

未分類
この記事は約2分で読めます。

ついに……ついに、この時が来た。福岡に縁があるすべての人が、この瞬間を待ち望んでいたと言っても過言ではない。いいか、よく聞いてくれ。あの『資さんうどん』が、オンライン販売を始めたってよぉぉぉぉぉぉ----!! 

まさか、県外に居ながらにして『資さんうどん』を口にできることができるなんて。ありがとう、オンライン販売企画を通してくれた、資さんのエライ人。思わず鼻息が荒くなる事案ではあるが、落ち着いてネットをポチっとする。すると、本当に “あのうどん” が家に届いちゃったぜ。

・コレコレ……コレ!! 

「資さんストア」には2020年5月末まで限定のキャンペーン商品などもあったが、記者はスタンダードな「肉うどん 5人前(税込2800円)」を注文した。だって、できる限り資さんのうどんをたくさん食べたいじゃない? 

届いたブツの蓋をあけると、そこに見えるは “資” と記されたカマボコ。このカマボコの存在だけでグッと、資さんうどんらしさが醸(かも)し出されるというものである。コレだよコレ! 

そのほか、箱の中にはうどん麺・うどんつゆ・肉うどんの具が入っていた。最高だ。居ても立っても居られず、すぐさまうどんを茹で、具や汁をあたためる。すでに頭の中は、資さんうどんでいっぱいである。もう、資さんうどん以外見えない……!! 

・最後の晩餐には資さんを

ものの数分で完成したうどんは、どこからどう見ても “資さんうどん” だ。さらに資さんらしさを出すため、ゴボ天とかしわご飯を自作。ネギも刻んで加えた。完璧である。福岡出身でありながら今は県外で暮らしている記者は、冗談抜きで、あまりの懐かしさに泣きそうになった。

冷めぬうちにと口に入れると、これまた懐かしい。目をつぶっていてもわかる、資さんの味だ。うどんのトゥルン加減、昆布が効いた出汁の香り。あまりにも “いつもの味” すぎて、もう一度泣きそうになった。本当に美味しくてホッとする味なのだ。

今回のことにより最後の晩餐には、取り寄せた資さんうどんを希望しようと誓った次第。これほど幸せになれる味はない。いやはや、長い間多くの人が望んでいた(であろう)、福岡うどんを県外でも食べたいという夢。ようやく叶えられ、感謝の気持ちでいっぱいだ。もう一度言わせてくれ、ありがとう資さん……! 

参照:資さんストア
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました