【レビュー】スマートウォッチとワイヤレスイヤホンが合体した「Wearbuds」を使ってみた!

未分類
この記事は約3分で読めます。

ワイヤレスイヤホンを使っていると、たまに落とすことがある。すぐに拾えば問題ないんだけど、厄介なのはケースを落としてしまった場合だ。落としたことに気づかずにケースを失くしてしまったら絶望的……、最悪である。私(佐藤)はその最悪な経験をしたことがある。その時、私は叫んだよ、「なんて日だ!」と。

私のようにケースを落とすような “おっちょこちょいさん” に朗報だ。ケースの呪縛から解き放ってくれる画期的な製品が登場したぞ。「Wearbuds」はスマートウォッチでありながら、ワイヤレスイヤホンを格納できる優れものだ。これならケースを失くす心配がない! 使用感はどうなのか、買って確かめてみた!!

・ケースを失くした過去

私の先代イヤホンは、ケースを落として以来、充電できなくなった。今ではただの屍、いや耳栓に成り下がっている。

仕方がないので、新しいイヤホンに買い替えた。がしかし! また落とすんじゃないか? と日々不安に思っている。残念だが、ワイヤレスイヤホンのケースは丸みを帯びたものが多い。このケースの問題さえ何とかなれば、安心して毎日を過ごすことができるというのに。チキショー……。

・ケースのないワイヤレスイヤホン

そんな過去があるので、このスマートウォッチ「wear buds(ウェアバッズ)」には大きな期待を抱いていた。スマートウォッチ + 完全ワイヤレスイヤホン、イヤホンを腕時計に収納できるなんて夢のようだ。ケースを落とす心配はゼロ! だってケースがないんだもん!! 「俺はイヤホンケースをやめるぞ、ジョジョーーッ!!」と声高に叫びたい気分である。ちなみにドン・キホーテで税別14800円で購入した。

・腕時計に格納

スマートウォッチの画面はタッチスクリーンになっている。左右にスワイプしてメニューを呼び出すことができる。

時計機能のほか、歩数や心拍数、消費カロリーや移動距離などのヘルスデータの計測機能を搭載している。

本体の左右に穴が開いており、ここにイヤホンを挿入して充電を行う。

イヤホンの使用時間は、約1時間の充電で最大5.5時間。スマートウォッチは約1.5時間の充電で、最大約7日間の継続使用が可能となっている。

・専用アプリでデータを記録

スマホに専用アプリ「Wearbuds」をインストールして、スマートウォッチと同期すれば、日々のヘルスデータを記録してくれる。

消費カロリーも計測できるので、日頃の活動量が気になる人には良いかも。

・イヤホンの音が……

ケースがないのはとてもイイ! 紛失する心配がないし、ポケットがかさばらない点も十二分も評価できる。が! 個人的にイヤホンの音が気になってしまった。音があまりよろしくないんだよ。厚みが足りないというか、スカスカというか……。

音質がもう少し良ければ、完ぺきだったのに。惜しい! とはいえ、このデザインはかなり斬新だ。次世代モデルが出るかは不明だけど、もし出るなら、音を良くしてほしい。そうすれば、神デバイスになること間違いなしだ!

参照元:PRTIMES
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました