「カレーは飲み物。」グループがデリバリー専門店をオープン! その名も「ゴーストレストランは飲み物。」!! ついにお店も飲み物になってしまったーーーッ!

未分類
この記事は約4分で読めます。

私(佐藤)の知らない間に、世の食べ物が次々と飲み物と化しているようだ。「カレーは飲み物。」、その概念を引き継ぐ仲間のお店がどんどん増えている。「とんかつは飲み物。」「焼きそばは飲み物。」、さらに「トンテキとハンバーグは飲み物。」まで。料理の飲み物化に拍車がかかっている!

そんななか2020年10月2日にデリバリー専門の飲み物が誕生していた。その名も「ゴーストレストランは飲み物。」である。このデリバリー店はカレーは飲み物。を含む4店舗が1つになった、いわば “飲み物の総合商社” のようなお店だ。ビーフストロガノフもオムライスもルーローハンも全部飲み物だった!

・のみものグループ

運営元は「株式会社のみもの」だ。さすがカレーは飲み物。の生みの親である。社名までもが飲み物と化している。できれば「株式会社 “は” のみもの」として欲しかった。それはさておきホームページを見ると、トップページでゴーストレストランは飲み物。を紹介している。

ちなみに「ゴーストレストラン」とは、実店舗を持たずにデリバリーで注文を受ける飲食店のことを指す。出前館やUberEatsなどを利用し、運営しているのだ。今年は新型コロナウイルスの影響で、この業態のお店が劇的に増えた。

ここ「ゴーストレストランは飲み物。」は、カレー・ビーフストロガノフ・オムライス・魯肉飯(ルーローハン)の4つ業態が合体したお店だ。出前館のサイト上では料理ごとにお店のサイトが分かれているのだが、実際は東京・新宿の「KichenBase神楽坂」を拠点にした1店舗で運営をまかなっている。なお、注文エリアは現在(2020年10月)新宿・四谷・神楽坂のみだ。

今回はビーフストロガノフ・オムライス・ルーローハンの3種類を注文してみた。

・ビーフストロガノは飲み物。

まずはビーフストロガノフから紹介しよう。注文したのは、「黒いビーフストロガノフ」(税込1580円)、送料はいずれもオープン記念で無料となっている。

ストロガノフは、コクのきいた「黒」と。マイルドな「白」の2種類ある。レギュラートッピングにはチキン・ビーフ・味玉・ベジタブル・エビフライなどがあり、そのほかに追加トッピングが12種類も用意されている。バリエーションはかなり豊富だ。付け合わせはモスクワ風ポテトサラダと自家製ピクルス。

今回ライスは小盛(200グラム)で注文したのだが、ライスの量に対してソースたっぷり! ライス大盛り(350グラム +税別120円)でも十分にまかなえるソースの量だ。コク深く、ひと口食べるとクセになる味である。

・オムライスは飲み物。

続いて「味玉のせチーズ! オムライス」(税込1690円)。

オムライスはもはや開発の余地のない、完成された料理だ。そこに、のみものグループらしい独自のアレンジを加えている。トッピングはチキン・マッシュルームベジタブル・ミックスビーンズ・唐揚げ・エビアボカドサラダなどのレギュラーのものに加えて、とんかつや春巻きなど追加で14種類が用意されている。こちらもモスクワ風サラダとピクルスが付け合わせ。トマトソースは別添えになっている。

誰にも馴染みがある洋食のオムライス。その魅力を損なわずに、独自アレンジをしているところが素晴らしい。料理の見た目を損なわず、ちょっとだけジャンクな感じに仕上げている。これぞ、オムライスのニューウェーブだ。

・魯肉飯(ルーローハン)は飲み物。

最後が「唐揚げのせ特製! 羊肉飯(ヤンローハン)」(税込1990円)だ。

ここはルーローハンのほかに、マーラー(麻辣)ルーローハン・ヤンローハン(羊肉飯)・チーローハン(鶏肉飯)がレギュラーメニューとして用意されており、それぞれに4つずつのバリエーションがある。最近ルーローハンを提供するお店が増えたが、ヤンローハンやチーローハンはあまり聞かない名前。いずれも台湾発祥の料理なのだとか。付け合わせは味玉と高菜炒めとなっている。

他の2つに比べると見た目のインパクトは控えめだが、パンチのある味わい。羊肉の旨味と八角の香りがきいている。暑い夏に食べたら、元気が出てくるスタミナメニューだ。ガッツリ食べたい人は、ライス大盛りで注文すると良さそうだ。

・注文は1店舗ずつ

のみものグループのデリバリーの利用は初めてだったが、実店舗に負けない味を提供していることがわかった。少々値段設定は高めだが、その金額に見合う味を届けてくれる。

ただ、複数の店舗から注文する場合、ちょっと手間がかかる点だけ気になった。出前館を利用する際、1店舗ずつ注文を行わなければならない。仮にカレーとオムライスを1つずつ頼むとしよう。その場合、カレーの注文を完了した後に、オムライスの注文を行うことになる。カートに入れられる商品は1店舗ずつなので、お店を縦断して注文できない

これは出前館のシステムの問題でもあるだろうが、4店舗が同じところで料理を作っているのだから、できれば注文は1回で済ませたいところだ。

その点を除けば、不便と感じるところはなかった。まだ、のみものグループのデリバリー専門店は始まったばかり。今後より使いやすくなることを願っている。

参照元:カレーは飲み物。出前館
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました