松阪で牛食うヤツは素人! プロは鶏焼肉を食うらしい / 地元民が「間違いない」と口を揃える名店『とりいち』が最高すぎた!!

未分類
この記事は約4分で読めます。

GoToトラベルを利用して三重県津市に行った私(中澤)。せっかくなら、少し足を延ばして松阪牛でも食べようかと思っていた。松阪と言えば牛というイメージしかなかったからである。

だが、松阪市民に言わせるとこれは間違いなのだとか。むしろ、松阪は鶏なのだという。そこで地元民が「間違いない」とオススメする鶏焼肉の名店に行ってみたところ……もう「松阪と言えば牛」だなんて言えない。松阪は鶏だった。

・地元民は口を揃える

そもそも、この旅は私がやっているバンド・フリサトが三重県津市のイベントに呼ばれたツアーである。そして、そのイベント関係者やお客さんに松阪市民がいたからオススメの店を聞いてみたわけだ。最初は、松阪牛の情報を聞くつもりだったのだが……

お客さん「松阪牛ですか……正直、高くてあんまり食べに行かないのでお店をよく知らないんですよね。地元の人は普段、鶏焼肉の方が馴染みがあると思う」

イベント関係者「そうですね。松阪と言えば鶏ですよ」

──鶏焼肉って、焼き鳥じゃないの

イベント関係者「串に刺さってなくて、牛焼肉の鶏版みたいな感じです」

──オススメの店とかありますか?

お客さん「『とりいち』とか『新家』とかは有名ですね」

イベント関係者「間違いないね」

──とのこと。鶏の焼肉と言えば焼肉屋のサイドメニューでたまに食べることはあるが、やっぱり焼肉と言えば牛の私。しかし、これだけオススメするということは名物になるほどの特徴があるものなんだろうか? 特に夕飯のあてもなかったため、夜行ってみることにした。

・暗闇の中に

調べてみると一番近かったのは、松阪市伊勢寺町2640-1の『とりいち本店』。とは言え、駅からは遠く離れている。カーナビを頼りに目指していると……

どんどん人里離れた感じになっていく周りの景色。街灯もポツポツで辺りは闇に支配されている。いや、こんなとこに本当に店あるの? ネットの怪談だったら山の神にカーナビ狂わされて呼び寄せられてる系なんだけど。マジでちょっと怖くなってきた頃……

なんかあった……!

『とりいち』って書いてるゥゥゥウウウ!!

しかも、閉店20時の1時間前なのに広い駐車場がほぼ満車。軽く神の領域に立ち入ってしまった気分である。おそるおそる扉を開けてみると賑やかな空気が開けた。子供もいる。世にも奇妙な物語みたいだ

・大衆的な焼肉スタイル

席には炉端焼きのコンロが置かれており本当に焼肉屋みたい。しかし、メニューは全て鶏肉で、若鶏(450円)、皮(400円)、肝(450円)などのお馴染みのもの以外に、ひね(450円)、くび(480円)、ハラミ(480円)など見慣れないメニューも揃っている。とりあえず、目についたものをひと通り注文してみたところ……

ひと皿にかなりガッツリした量が入っていることが分かった。若鶏なんてひと皿でモモ100g、ムネ50gの合わせて150gもある。この量で450円は牛だと考えられないコスパだ。

・ムネ肉に衝撃

さらに特徴的なのは下味で味噌ダレがついていること。これを焼いて、さらに机ごとに調味料として置かれている味噌ダレを好みでつけて食べるという。ちなみに、店員さんによると、塩でも注文できるがオススメはタレなのだとか。さっそく若鶏を焼いて食べてみたところ……

激ウマ

プリッと弾力のあるモモ肉の柔らかさはもちろん、ムネ肉もジューシーで全くパサパサしていない。こんなムネ肉あったのか。個人的には、味だけで言うとモモ肉の方が好きだが、このムネ肉の違いには質の良さを感じた。

これは本当に鶏肉なのか? 肉がトロけるみたいな甘みである。だが、店員さんによると、紛れもなく三重県の鶏なのだとか。三重の鶏ハンパないな……。

・地元民の常識と化しているタレ

そんな今だかつて食べたことのないレベルのウマさの鶏肉に特製の味噌ダレがまた絶品。濃厚な甘みで鶏の味を鮮烈にする。この『とりいち秘伝のタレ』はお土産用に販売もされているのだが、そう言えば、お客さんの差し入れがこのタレだった。どうやら、とりいちのタレのウマさは地元民の常識のようである

・ウマかった部位3選

しかも、ひと通りメニューを食べた結果ハズレがなかった。全ての部位で限界突破のウマさを発揮しているのである。食べきれないほどの種類ではないため、観光で行く際は全部食べることをオススメするが、下記の3つのウマさには特に脱帽だった。

「くび」

「皮」

「肝」

──くびは歯ごたえの中に柔らかさがあり、さっぱりとした味がタレと非常に合っている。皮は大きく肉もついたもので、食べごたえがありご飯が止まらない。肝は火を入れてもプルプルで柔らかく、レバー好きは絶対に食べた方が良い味。

・東京にもあった

松阪と言えば牛……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。しかし、今となっては言わずにはいられない。「松阪は鶏だ」と。

ちなみに、調べてみたところ『とりいち』は滋賀、京都、そして東京にも1店舗、早稲田に出店しているようだ。本店のコスパと同じかは分からないが、あの味が忘れられないので今度行こうと思う。地元にこんな店があるのは羨ましい限りだ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 とりいち本店
住所 三重県松阪市伊勢寺町2640-1
営業時間 平日11:00~14:00、17:00~20:00 / 日曜11:00~20:00
定休日 月曜(祝日の際は営業)

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました