【ポケモンGO】マスクド・ピカチュウ獲得の大チャンス到来!「リトルカップ」用のオススメポケモン10選

未分類
この記事は約6分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いカラカラは捕れたかな? お兄さんはまだ1匹も捕れてないんだけど、今回は「出会いやすくなります」って表記があったから気になってるところさ。どのレベルで出やすくなってるのかはわからないけど、1匹くらいは出て欲しいよね!

それはさておき、2020年11月10日(火曜日)からGOバトルリーグのシーズン5が開幕した。最初に言ってしまうと今回はズバリ「マスクド・ピカチュウ」獲得の大チャンス到来だ。さあ、特にGOバトルリーグに消極的な諸君! みんなで一緒に「マスクド・ピカチュウ」をゲットしようぜ!!

・異例のシーズン5

11月10日(火曜日)から3週間にわたって開催される GOバトルリーグ、シーズン5。詳細については公式のお知らせをご覧いただきたいが、ハッキリ言って今シーズンは異例だ。要点だけピックアップしてシーズン5の概要をご紹介しよう。

・1週間ごとに「リトルカップ」「カントーカップ」「速成カップ」が開催される
・今シーズンのランクにレーティングは関係しない
ランク3~10ランクは、バトルに勝った回数によってランクが決まる
・ランク10に到達すると「マスクド・ピカチュウ」が手に入る

正直に言うと、お兄さんはこれまでGOバトルリーグを熱心にプレイしていなかった。いつも報酬のもらえるランク7まで到達したらやめてしまい、それ以降は1戦もしない。なぜなら、GOバトルリーグにひしめく猛者たちと渡り合えるほどの腕を持ち合わせていないからだ。

さらに言えば「レーティング」である。5連敗したときの尋常じゃないレートの下がり方に心は折れ、スッとやる気が失くなってしまう。スーパー、ハイパー、マスターともに流行りのポケモンに追いつけておらず、今シーズンもとりあえずランク7を目指す予定だった……のだが。

上述の通り、シーズン5は勝利数でランクが決定する。つまり、仮に5連敗しても後退ではなくステイで済むワケだ。さらには全員が初挑戦となる「リトルカップ」「カントーカップ」「速成カップ」である。プレイングは決して上手くないが、個人的には「粘り強くやればワンチャンあるんじゃないか?」と考えている次第だ。

・リトルカップ用に育成したいポケモン

で、今回は1週目に開催される「リトルカップ」についてお知らせしたい。リトルカップのCP制限は500で「進化が可能かつ進化を一度もしていないポケモン」だけが参加できるリーグとなっている。今回もトレーナーバトルの鬼に「リトルカップ用のオススメポケモン」を10種類教えてもらった。

ドーミラー(ねんりき / サイコショック / ヘビーボンバー)

「リトルカップの絶対王者がドーミラーです。元々の耐久性がズバ抜けており、さらに “はがね / エスパータイプ” なので弱点が4つしかありません。基本的にはほとんどのポケモンに勝てますので、全員がドーミラーを使ってくると考えた方がいいでしょう。リトルカップはドーミラーを中心に回ります」

スカンプー(かみつく / かみくだく / ヘドロばくだん)

「絶対王者・ドーミラー打倒の1番手に上がるのがスカンプーです。あくわざでドーミラーの弱点を付けるうえ、天敵のモンメンにもどくわざで一矢報いることが出来るのがいいですね。弱点がじめんタイプの1つしかなく使いやすいです」

アローラベトベター(かみつく / かみくだく / ヘドロばくだん)

「こちらも運用方法は基本的にスカンプーと同じです。ハロウィンイベントで野生湧きしていましたので、スカンプーがいない場合はCP500以下のアローラベトベターを探してみましょう」

モノズ(りゅうのいぶき / かみくだく / のしかかり)

「モノズは “あく / ドラゴンタイプ” のポケモンですが、運用方法はスカンプーなどと異なります。かみくだくがあるのでドーミラーにも善戦できますが、基本的には “りゅうのいぶき” でゴリ押すのがセオリーで、他のあくタイプと戦った時に負けません。ただし、CP500以下のモノズってかなり少ないんですよね……」

モンメン(あまえる / たねばくだん / くさむすび)

「モンメンの “あまえる” は超強力です。ドーミラーにこそ勝てませんが、ほとんどのあくタイプと、ウパーやドジョッチなどに勝てるんですね。ただし、どくタイプが2重弱点なのでスカンプーやアローラベトベターのスペシャルアタックには注意してください」

ソーナノ(カウンター / ミラコート)

「進化系のソーナンスほどではありませんが、ソーナノもHPが高いポケモンです。スカンプーやアローラベトベターには勝てませんがモノズに勝てますし、ドーミラーもそれなりに削れます。ハイパーリーグ、マスターリーグでいうところのカビゴンに似た使い方に似ているところがあるかもしれません」

ウパー(マッドショット / どろばくだん / のしかかり)

「スカンプーとアローラベトベターの弱点はじめんタイプだけです。その弱点を付けるウパーもリトルカップでの活躍が見込まれています。じめんタイプはドーミラーの弱点でもあるので一石二鳥ですね。弱点がくさタイプ(2重弱点)だけというのも使いやすいのではないでしょうか」

ドジョッチ(マッドショット / どろばくだん / れいとうビーム)

「ドジョッチの運用方法はウパーとほぼ同じです。ただ、れいとうビームでモノズを一撃で葬れるところが違いますね。野生湧きすることが多いポケモンなので、育成しやすいところも魅力だと思います」

テッシード(メタルクロー / アイアンヘッド)

「モンメンに絶対に強いのがテッシードです。また、ほとんどのあくタイプにも優位に戦えるのもいいですね。はがねタイプのわざしか覚えないものの、弱点が2つしかない(ほのお・かくとう)しかないのは魅力です」

アローラサンド(こなゆき / つじぎり / ジャイロボール)

「ドーミラーともモンメンともそれなりに戦えるのがアローラサンドです。意外と知られていませんが、アローラサンドは “こおり / はがねタイプ” なので弱点が少ないんですね。ただし、CP500以下のアローラサンドは激レアですので、育成できる人は限られてくるでしょう」

ご覧のように、まず絶対に育てるべきは「ドーミラー」で、次いで「ドーミラー対策ポケモン」になってくるだろう。大量のほしのすながかかってくるが、これもマスクド・ピカチュウのため……! 先行投資のつもりで育成に励もう。

繰り返しになるが、レーティングが採用されない今シーズンはマスクド・ピカチュウ獲得の最大のチャンスである。お兄さんのようにGOバトルリーグを怠けていた人が参加すれば参加するほど全員にチャンスが広がるワケだ。仮にランク10に行ったら、八百長と言われようと全負けしてやるよ……! みんなでマスクド・ピカチュウいただこうぜ!!

というわけで、熱心じゃない人にこそオススメしたいGOバトルリーグのシーズン5。「カントーカップ」と「速成カップ」については改めてお伝えするつもりだ。1日25戦は超長いけど、今シーズンだけは頑張るよ! 待ってろよ、マスクド・ピカチュウ!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2020 Pokemon. c1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました