「アメリカの給付金600ドルは少ないと批判されているけど…家賃の何日分に相当する?」

この記事は約1分で読めます。

「いったい600ドルは、どれくらいの家賃に相当するのか?」
アメリカでは2度目の給付金の法案が、当初予定されていた1人当たり600ドル(約6万2000円)では少ないと批判され、12月28日に下院で2000ドル(約20万7000円)に増額する法案が可決されました。

では、600ドルではどう足りないのか、17都市の家賃に置き換えた例をご紹介します。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました