2021-11

未分類

【超難問】あまりにも理不尽すぎるディズニー映画の食べ物クイズ

全問正解の猛者、ぜひ名乗り出てほしい…。 View Entire Post ›
未分類

ダラス・バイヤーズクラブ〜たった一人の男が立ち上げた未承認エイズ治療薬の密売組織

インターネットもなく、まだエイズに対して悪評と誤情報が飛び交っていた1980年代半ば。しかもアメリカで最も保守的とされるテキサス州──。 ロン・ウッドルーフは、トレーラーを寝床にするその日暮らしの電気技師。ロデオと女を愛し、酒とドラッグとギャンブルに溺れる日々を送り、口が悪く喧嘩っ早いのでいつもトラブルに巻き込まれている。 咳き込み、激しい目まいに襲われて意識を失うロン。病室で目覚めると、医師から突然「HIV陽性、余命30日」と宣告される。打ちのめされたロンは悪態をつく。「同性愛者でない自分がかかるはずがない」と。それが根拠のない噂であることは、翌日出向いた図書館での記録調査で判明する。その場限りの女性関係の繰り返しが原因だったのだ。仲間たちはロンを避け始める。 アメリカで唯一手に入るAZTという治療薬が持つ毒性を身をもって知ったロンは、可能な限り長く生きるために対抗策を調べ始める。AZTは政府と製薬会社と医師会が儲かるだけで、患者たちを副作用で苦しめるための薬に過ぎない。それに気づいて医師免許を剥奪されたメキシコの医師のもとに行くと、ロンは治療に適した負担の少ない未承認の薬の存在を知る。 生命を脅かす権威への反発、生活するための道具、有効な薬の開発までの処置。ロンはあらゆる国のルートを使って密輸した大量の代替薬を同じ病に苦しむ患者たちにさばき始める。もちろん薬の売買はしない。そこで編み出したのが薬を無料で配布する代わりに会員を一定額で募る「ダラス・バイヤーズクラブ」だった。 『ダラス・バイヤーズクラブ』(DALLAS BUYERS CLUB/2013)は、実在したロン・ウッドルーフの“闘いの日々”を映画化。モーテルを事務所にして、連日長蛇の列をなす裏システムを作り上げるロン(マシュー・マコノヒー)。美しいトランスジェンダーのレイヨン(ジャレッド・レト)をビジネスパートナーに引き入れることで、ゲイコミュニティーへの販路も拡大させていく。心に従って病院を辞める医師イブ(ジェニファー・ガーナー)も現れた。 しかし、当然のことながらAZTを推奨する国や製薬会社が立ちはだかって妨害を受ける羽目になる。それでもタフなロンは負けない。個人の健康のために薬を飲む権利を侵害する支配者たちの動きに対して、徹底抗戦の構えをとる。何者でもなく生きる目的を失っていたロンは、今ではやり遂げる..
タイトルとURLをコピーしました