Xmasの歌〜ミネアポリスの女からのクリスマスカード

この記事は約6分で読めます。

この時期つかえる“Xmas雑学”をちょこっと。
それは12月25日にイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の年中行事。
一説によると、キリスト教伝来以前にゲルマン人やケルト人が盛大に祝っていた冬至の祭が起源で、これと結びついたのではないか?とも言われている。
記録によると、日本で最初にXmasが祝われたのは戦国時代。
ザビエルが日本にキリスト教を伝えた3年後の1552年、山口県で行われた礼拝が最初。
当時はキリスト教の“隣人愛の精神”にのっとって、Xmasには貧しい農民への寄付や救済が行われていたという。
その後、1612年に出された禁教令を皮切りに日本は鎖国。
長崎など一部の外国人居留地をのぞいて、Xmasは日本から一旦姿を消す。
再び復活したのは、鎖国が解かれた明治時代だった。
1873年(明治6年)にキリスト教が解放。
最初は国内在住の外国人がパーティをする程度のイベントだった。
1904年(明治37年)、初めてデパートにXmasツリーが飾られ、1910年にはXmas用のデコレーションケーキが発売された。
1930年代になって、本格的なXmas商戦がスタート。
このあたりで現在のXmasの原形がほぼ完成したと言われている。
そして1980年代のバブル期から、若者向けの雑誌でXmas特集が組まれるようになり「恋人達にとって特別な日」という、縁もゆかりもないジャパニーズスタイルXmasが定着した。
♪「Christmas Card From A Hooker In Minneapolis」/トム・ウェイツ


ねぇ チャーリー 私 妊娠しているのよ
ヤクはもうやめたわ ウイスキーもやめたの
旦那はトロンボーン吹きよ
お腹の子供は彼の子供じゃないけど
彼は愛してくれてるわ


この曲は、トムウェイツが1978年に発表した6枚目のアルバム『Blue Valentine』に収録されている。
この手紙のような歌詞は、ビートジェネレーション以降のアメリカを代表するアングラ作家チャールズ・ブコウスキーの詩集『The Roominghouse Madrigals』の中の「Charlie, I’m pregnant」という詩を下地にしているらしい。
クリスマスカードの差出人の主人公(おそらく娼婦)は、元カレのチャーリーという男(カードの受け取り人)に、自分の(現在の)夫は楽器を演奏してスポーツするようなタイプで、今の自分がいかに幸せで恵まれているかを語り続ける。
そしてラスト数行の“ひねり”を効かせた意外な展開で手紙(歌)を結ぶ。
ジャジーなピアノ、切なくも美しいメロディ…実にトム・ウェイツらしい世界観が凝縮された楽曲である。
元カノから“そんなクリスマスカード”を受け取った男の心情を思い浮かべながら…Xmasシーズンに独りグラスを傾けてみるのも悪くない。。。

ねぇ チャーリー ところで本当のことを知りたい?
トロンボーンを吹いている旦那なんて
実はいやしないのよ
本当はお金を貸してほしいの
弁護士に払わなくちゃならないのよ
ヴァレンタインデーの頃にはきっと仮出獄できると思うわ


♪「Christmas Card From A Hooker In Minneapolis」/ニーコ・ケイス
女性歌手だと、この手紙の内容を本人が語っているようにも聴こえてくるから面白い。



トム・ウェイツ『Blue Valentine』

トム・ウェイツ『Blue Valentine』

(1978/WEA)

こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。


【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”秋冬】
9月11日(土)金沢JealousGuy
9月12日(日)富山(高岡)GOOD FELLOWS
9月17日(金)北海道(恵庭)Mojo Hand
9月18日(土)北海道(札幌)SALINAS
9月19日(日)北海道(苫小牧)M’s Garden
9月22日(水)北海道(札幌)LOG  
10月3日(日)新潟Live Bar Mush
10月8日(金)東広島pasta amare
10月9日(土)山口(下関)T-Gumbo
10月10日(日)福岡(雑餉隈)@-yaya GARAGE
10月16日(土)茨城(古河)Live studio音出事
10月23日(土)吉祥寺Rock Joint GB
10月30日(土)福岡Public Bar Bassic.
10月31日(日)熊本(八代)bar 7th chord
11月3日(水・祝)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis
11月6日(土)徳島CROWBAR
11月7日(日)徳島デラシネ
11月12日(金)小倉Bar Disa
11月13日(土)広島OK鉄板
11月14日(日)大分(宇佐)音小屋REBOOT
11月19日(金)仙台 ホームラン酒場
11月20日(土)二戸FREED
11月21日(日)八戸FLAT 
11月22日(月)青森 Be on space222トラスト
11月23日(火・祝)秋田カウンターアクション
11月27日(土)下北沢ニュー風知空知
12月3日(金)名古屋ローリングマン
12月4日(土)岡山Desperado
12月5日(日)大阪 大きな輪
12月11日(土)福岡NIKAI 
12月12日(日)大牟田 陽炎
12月18日(土)所沢 MOJO
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12692844619.html



新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post Xmasの歌〜ミネアポリスの女からのクリスマスカード appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました