未分類

未分類

ファッツ・ドミノ〜“ロックンロールの創始者の一人”と言われた男の偉大な功績と足跡〜

それはローリング・ストーンズがまだデビューして間もない頃の出来事だった。 ある日、ミック・ジャガーは歌詞が聞き取りにくいというリスナーからの苦情を受ける。 それに対してミックは得意気にこう答えたという。 「それでいいんだ!俺はファッツ・ドミノの歌を聴いて独特のサウンドを習得したんだ!」 後日、あるインタビューでそのエピソードを聞いたファッツはこんな風に答えた。 「奴がどうしてそんなこというのかわからんな。俺はいつも客にわかってもらえるように演っているつもりだ。聴こえんようなやり方などしちゃいないぜ!歌詞を聴いてもらいたいからな。マイクの調子が悪いってこともあるかもしれん。ああ、きっとそうだ!」 そうい言って、すぐにマネージャーに電話したという。 「マイクの調子をちゃんと調べといてくれよ。」 ファッツ・ドミノ。 1928年2月26日 、ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれた彼の本名はアントワーヌ・ドミニク・ドミノ。 彼はストライド奏法とブギウギの影響を受けた独自のピアノ演奏スタイルで、白人からも支持された黒人ミュージシャンだ。 愛嬌のある笑顔、軽やかに鍵盤を叩く指先、甘く親しげな声…その巨体を揺らしながら奏でるブグウギのリズムで“ロックンロールの創始者の一人”と言われた男である。 代表曲と言えばエルヴィス・プレスリーがカヴァーした「Blueberry Hill」や「Ain’t That A Shame」「Walking To New Orleans」「I’m Walkin’」「Blue Monday」など多数あり、ミリオンセラーになった楽曲は実に23曲にも及ぶ。 RIAA(全米レコード協会)の統計によれば、1970年代の終わりまでの彼のレコード売り上げ枚数の累計はエルヴィス、ビートルズに次ぐ第3位だという。 この記録からも、彼の人気が黒人層やマニアックな一部の白人愛好家たちだけに限定せずに、全米のお茶の間レベルにまで浸透していたことが良くわかる。 彼は21歳を迎えた1949年にインペリアルレコードから「Detroit City Blues」でデビューを果たす。 B面に収録された「The Fat Man」が、いきなりR&Bチャート2位の大ヒットを記録し、彼の名はまたたく間に全米に知れ渡ることとなる。 そんな彼の成功を語るにあたって忘れてはいけない男がいるとい..
未分類

【やってみよう】『イカゲーム』の飛び石ゲーム、あなたは生き残れる?

強化ガラスを選べなかったら、そこで終わり…。18枚連続で成功できるかな? View Entire Post ›
未分類

キース・リチャーズと権力との闘い〜絶望の淵で天使を見た男

キース・リチャーズにとって1970年代のある時期は、音楽よりもドラッグが中心の生活だったに違いない。 ローリング・ストーンズが70年代に発表したスタジオアルバムがすべてチャートの1位を記録したことも凄いが、9日間一睡もしなかったというコカイン最長覚醒記録や、ニュー・ミュージカル・エクスプレス誌の「次に死にそうなロックスター」ランキングで10年連続1位という大記録も所持している。トップから落ちた時はがっかりして本人はこんなジョークを飛ばした。「しまいには9位まで落ちた。何てこった、もう死にたくなったぜ」 キースのドラッグ生活は、警察との闘いの日々でもあった。キース自身の言葉を借りるなら、それは「権力vs庶民」ということになる。ロックスターのイメージを創った男としての責任感だろう。彼は世界中のファンの「行け! キース!!」的な期待を決して裏切ることはなかった。 1977年2月、キースを除くストーンズのメンバーやスタッフはカナダのトロントに集まっていた。ライブアルバム『Love You Live』収録用に、エル・モカンボ・クラブでギグを行うのだ。しかしキースはやって来ない。連絡もつかない。業を煮やしたメンバーは電報まで打った。「俺たちはプレイしたい。お前もそうだろ? 一体どこにいるんだ!」 やっとのことでカナダの空港に到着するも、まずはアニタ・パレンバーグ(事実上の妻)が所持品に薬物が付着したスプーンが見つかって逮捕。そして宿泊先のホテルでは、スイートルームのベッドでいつものように倒れ込んでいたキースの顔を警察は何度も平手打ちした。 45分後にキースは“目覚め”て逮捕連行。大量のブツが発見され、警察は転売目的による麻薬の違法所持で告発することに決めた(キースはこの時、テープレコーダーの使い方に戸惑っている取調官にご丁寧にも使い方を教えた)。 さらにタイミングの悪いことに、当時のカナダのトルドー首相の若妻マーガレットが、ストーンズが宿泊するホテルでバスローブ姿になっているところを報道されてしまう。まだ20代だった彼女は夫と別居したばかりで解放的だったのか、ロン・ウッドと“短い時間に特別なものを共有”した。これによってストーンズ潰しに拍車がかかった。警察がターゲットに絞ったのは言うまでもなくキースだった。「グルーピーになりたいなら、首相の妻になるのはやめた方がいいぜ」 保釈金..
未分類

【激ムズ】髪型だけでディズニーのマイナーキャラを当てろ!

注意:ほんとうに激ムズです👀 View Entire Post ›
未分類

【検定】あなたのピクサーファンレベルは?キャラの “目の色” を正確に答えてね!

みどり?ブラウン?どっちだっけ… View Entire Post ›
未分類

【ちょいムズ】顔の形と髪型からディズニーキャラの名前を当てろ!

思ったより難しいかも? View Entire Post ›
未分類

【激ムズ】#親の本音を読み取るクイズ

全問正解目指してください! View Entire Post ›
未分類

ラスト・ショー〜スモールタウンの風景で描かれる「語るに足る、ささやかな人生」

そこに住んでいる人以外は誰も知らないような、ごく小さな町が、アメリカには星の数ほどある。「スモールタウン」と呼ばれている。人口は、多くても1万人には満たない。せいぜいが3000人どまり。町のサイズはメイン・ストリートを中心に、縦横にわずか数ブロックほどだ。 こんな文章で始まる一冊の本がある。2012年に惜しくも亡くなったトラベル作家・駒沢敏器氏の『語るに足る、ささやかな人生』だ。作家はアメリカを横断しながら、スモールタウンだけに立ち寄ってこの短編集のような魅力を放つささやかな物語を描いた。 住人どうしが皆顔を知っているから、一定の距離を保ちながら互いを支え合って生きている。小さな町だけにひとりひとりの役割が与えられており、子供から大人まで、皆等しくその街の構成に参加している。 不便さや寂しさに負けそうになる毎日を、自前の努力によって支えて生きているからこそ、彼らはそんな自分を自信を持って他者へ差し出すことができる。このとき怯んでしまうのは田舎の住人ではなく、逆にその姿勢を受ける訪問者の方である。どちらが、よりタフで成熟したまっとうな人生を力強く歩んでいるのか、それは言うまでもない。 スモールタウンを理解するうえで、これほど適切な文章は他に読んだことがない。そしてそこは映画や音楽の舞台として数々の物語を提供してきた。『ギルバート・グレイプ』『ドク・ハリウッド』『ストレイト・ストーリー』『パラダイスの逃亡者』『マイ・ドッグ・スキップ』『プレイス・イン・ザ・ハート』と並んで、書き手はある1本の映画も付け加えている。 ウィスコンシン州の小さな町で出会った中学生の女の子は、こんなことを教えてくれた。 
「スモールタウンは、私みたいな作家志望の中学3年生には、最適な場所かもしれません。そもそも都会における情報というのはすべてが断片で、全体としての像を結ばないでしょう? でもこのような小さな町では、ひとりひとりの人生の全体というものが見えるんです。この町の人が喋る言葉には、その人ならではの人生や、静かだけれど確かにその人以外ではありえないような重みがあるんです」
 『ラスト・ショー』(The Last Picture Show/1971)こそ、スモールタウン・ムービーの最高峰だろう。これは単なる青春映画ではない。小さな町を舞台にした静かな人間ドラマであり、『語るに足る、..
未分類

I Wanna Be Your Man〜ジャガー/リチャーズ(グリマー・ツインズ)が作曲をはじめたきっかけ

この「I Wanna Be Your Man(彼氏になりたい)」は、ローリング・ストーンズの2ndシングル曲として1963年11月1日にリリースされた。 クレジットには作詞・作曲レノン=マッカートニーと記されている。 同曲は1963年11月22日に発売されたビートルズの2作目のイギリス盤公式オリジナルアルバム『With the Beatles』にも収録された。 当時ストーンズのマネージャーだったアンドリュー・オールダムは、元々ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインの下でビートルズのパブリシスト(宣伝係)をしていたという。 まだデビュー前のストーンズのステージを見ていたビートルズのメンバーから「君が彼らを売り出せばいい!」と薦められてオールダムはマネージャーに就くことになった。 1963年6月7日、ストーンズはチャック・ベリーのカヴァー曲である「Come On」でレコードデビューを果たす。 オールダムの指示でファンクラブの会員がシングルを購入し、彼らの記念すべきデビュー盤はイギリスのシングルチャートで21位までに上昇した。 オールダムは“次の一手”となる2作目のシングルをどうするべきか悩んでいる時に、ジョンとポールに偶然出くわしたという。 当時ストーンズにはオリジナル曲がなく、もっぱらお気に入りのブルースの曲などをカヴァーしていた。 なんとか売り出し中のストーンズにヒット曲(しかもストーンズらしい曲)を持たせたいと考えたオールダムは、ジョンとポールにストーンズへの楽曲提供を頼んだ。 早速ジョンとポールはスタジオでリハーサル中のストーンズのもとへ行き「君たち向きかもしれない」と言って、まだ未完成の曲をざっと弾いて聴かせたという。 するとストーンズのメンバーが口を揃えて「いいね!俺たちのスタイルだ!」と気に入っため、ジョンとポールはスタジオの隅にあった椅子に腰掛けて一時間もかけずにその曲を仕上げた。 その様子を見ていたミック・ジャガーとキース・リチャーズは、彼らの作曲能力に大変な感銘を受けたという。 そう、この日のことがきっかけとなって後に“ジャガー/リチャーズ(グリマー・ツインズ)”としてオリジナル曲を作るようになったのだ。 ミックはあるインタビューで当時のことをこう振り返っている。 「ポールとジョンの曲づくりは見事だった。かなり売れ線のメロディーだったし、..
未分類

オン・ザ・ロード〜ジャック・ケルアック伝説の小説『路上』が教えてくれた一番大切なこと

1951年4月。長い旅を終えたばかりの29歳の作家ジャック・ケルアックは、ニューヨークのアパートの一室にいた。そして旅路で綴り続けた手垢と土埃にまみれたメモとしばらく向き合った後、凄まじい勢いでタイプし始めた。 紙をいちいち取り替えていられないのでテープでつないだ。そうして3週間後に出来上がったのは12万語にも及ぶ自分と友人たちの物語。改行が一切なく、まるで太いサラミのような巻物になった。 はじめてディーンに会ったのは、僕が妻と別れて間もない頃のことだ。その頃、僕はある重病から回復したばかりだったけど、そのことについてはあの惨めなほど疲れ果てた二人の訣別と、何もかも終わったという僕の気持ちとにいくらか関係のある病気だったという以外は、取り立てて言いたくはない。ディーン・モリアーティが登場にするに至って、路上放浪の生活と呼べそうな僕の人生が始まった…… 小説『路上』(ON THE ROAD)はそれから書き直しされて、6年後の1957年にようやく出版。「ビート・ジェネレーションを代表する文学作品」「ビートニクのバイブル」として脚光を浴びていく。 60年代カウンターカルチャーのヒッピーたちは言うまでもなく、時が経つにつれて世界中の愛と反骨精神に溢れた人々にもその名は広まり、今では現代アメリカ屈指の文学作品として知られるようになった。 若き日のボブ・ディランもジム・モリソンもジョン・レノンも夢中になってページをめくった。有名になる前のブルース・スプリングスティーンやニール・ヤング、映画を撮る前のデニス・ホッパーやジム・ジャームッシュやヴィム・ヴェンダースも読み耽った。 つまり、『路上』がなければロックの名盤は生まれなかっただろうし、『イージーライダー』や『ストレンジャー・ザン・パラダイス』も『さすらい』も公開されることはなかった(すべてのロードムービーや旅人のための映画も)。それくらいヒップな文化への貢献度と影響力は高い。 しかしケルアックの『路上』を、「ビート」や「カルチャー」といった文脈で捉えてばかりいると本質を見失う。 『路上』に小難しい理屈や面倒な知識は一切必要ない。ただ読めばいいのだ。そこから何を感じ、どんな言葉を拾い、本を閉じた後に心にどんな風景を描くか。それがすべてであり、周辺の情報などに惑わされてはいけない。貪るようにページをめくれる人には、きっと最高に..
タイトルとURLをコピーしました