未分類

未分類

トゥルー・ストーリー〜トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンが描いた“奇妙なリアル”

1983年の『ストップ・メイキング・センス』ツアー中、トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンはタブロイド新聞をめくっては自分が面白いと思った記事を切り抜き始めた。 翌年になると、それらの実話をもとに架空の町で繰り広げられる出来事をスケッチ。脚本も仕上げていった。映画『トゥルー・ストーリー』(True Stories/1986)の準備はゆっくりと進められた。 しかし、ミュージシャンが監督を担当する初めての映画にハリウッドの資金はなかなか集まらない。結局は所属するレコード会社が500万ドル以内という条件で製作費を提供することになった。ロケハンはLAやNYは金が掛かりすぎるので断念し、テキサスを選んだ。バーンは自分が思い描いた町が目の前の景観に潜んでいることを確信。ダラスから北30マイル先のマッキネイという町に決まった。 「映画は音と映像の組み合わせで、ストーリーは観客の興味をそらさないためのテクニック」という美学を持っていたバーンは、キャスティングの匿名性に拘り、できるだけ顔の知られていない役者たちを起用した。さらに一発芸を持った人々も大量に集められた。 そして1985年9月、6週間の撮影が始まった。トーキング・ヘッズの同名タイトルのアルバム『トゥルー・ストーリー』もテキサスで録音されることになった(余談だが収録曲には「レディオ・ヘッド」があり、90年代に英国のバンドを生むことになる)。 思えばデヴィッド・バーンは映像の人だった。もともとは大学で建築やデザインを学んだが、子供の頃から映画や写真を遊びで撮っていたらしい。80年代前半はMTV開局もあり、バーンは自らのバンドのビデオクリップも監督した。トーキング・ヘッズの音楽性同様、型にはまらない映像作りは現代美術館の永久保存コレクションになるほど。MTVからも先駆的作品賞を贈られている。 それにしても『トゥルー・ストーリー』を観ていると、東京の郊外や地方の都市空間とそっくりなことに少し驚く。消費の象徴である巨大なショッピングモール、定期に行われる代わり映えのない街のイベント、動画サイトに投稿されるような日常、画一化された住宅、突然訪れる風景の広がり、雇用を支える先進的企業、クセは強いがどこか寂しさを漂わせる登場人物……タワーマンションの乱立や箱型ショッピング施設の増殖で都心の表情までも郊外化しようとする現在、この映画には“..
未分類

アリー/スター誕生〜無名時代に応援してくれたLGBTに敬意を表したレディー・ガガ

レディー・ガガの初主演作となった『アリー/スター誕生』(A Star Is Born/2018)は、同名映画の4度目のリメイク。とはいえ、1937年のジャネット・ゲイナー版、1954年のジュディ・ガーランド版の舞台は映画界なので、1976年の前作「スター誕生〜70年代型ロックスターの愛と別れを描くバーブラ・ストライサンド主演作」がベースになっている。 きっかけは主演・初監督を務めたブラッドリー・クーパーが、メタリカのコンサートに招待されたことから始まる。ドラムセットの後ろに立たせてもらった時、その迫力に圧倒されて、この時の感動を映画にして伝えたくなったという。実際、それは本作のコンサートシーンに活かされることになった。臨場感が凄いのだ。 このコンサートシーンは、2017年のステージコーチ、コーチェラ、グラストンベリーなどのフェスで撮影された。ウィリー・ネルソンや前作で主演したクリス・クリストファーソンは自分たちの出番を譲ってくれ、その数分間でクーパーたちは実際に演奏してカメラを回した。「ブラッドリー・クーパーです。今、映画を作っています。それじゃ行きます!」 クーパーは自ら演じるカントリー・ロックのスターを、ニール・ヤングのようなギターを弾き、トム・ペティやブルース・スプリングスティーン、パール・ジャムのエディ・ヴェダーのように歌うことを意識した。 彼は私を女優として受け入れ、私は彼をミュージシャンとして受け入れた。お互いに逆のことをしてるってね。 ある日、ガガの家にクーパーがやって来た。ガガがピアノを弾き、クーパーから提案があったCCRの「ミッドナイト・スペシャル」を一緒に歌った。この時、彼女は彼の歌声が本物だと分かった。クーパーはガガにノーメイクでありのままの姿になることを勧めた。 レディー・ガガの名前を口にすると、多くの人はその奇抜なメイクやファッション、ダンスポップを思い浮かべるだろう。しかし、彼女の本当の姿はピアノを弾きながら、魂を込めて歌い上げるソングライターだ。映画ではそんな彼女の実体験が投影されている。 大学を中退して音楽活動に没頭したのが19歳。クラブやバーで演奏し始めるが、レコード会社にまったく相手にされない。外見のコンプレックス(鼻の大きさ)をネタにされ、自分が作った曲をルックスがいいという理由だけで他のシンガーに歌われそうになったこともあ..
未分類

KISS結成物語②〜ピーター・クリスとエース・フレーリーが加わってバンドとなる

ポールとジーンは楽曲を書き上げていく一方で、音楽以外の面においても“あるべき姿”を目指していった。 まず、二人は意識的に体重を減らそうと決めた。 そして自分たちが新たに生まれ変わるためのステージネームを考えた… ジーンは“ジーン・クライン(アメリカ移住後の本名)”から“ジーン・シモンズ”へ。 そしてポールは出生名の“スタンレー・バート・アイゼン”から“ポール・スタンレー”へ。 「俺はそれまで自分の名前が嫌いだった。スタンレー・バート・アイゼンなんて名前のロックスターには大したチャンスはなさそうだしね。エルヴィス・プレスリーやロジャー・ダルトリーとは音の響きすら違う。俺はビートルズに洗礼を受けて音楽を始めた。ポール・マッカートニーに憧れていたよ。プレスリー、ダルトリー…色々と組み合わせていくうちに思いついたんだ。ポール・スタンレー!」 ステージネームも決まり、曲もそろい、身体も絞れてき始めた彼らにとって、あと必要なものはバンドのメンバーだった。 まず彼らはドラマーを見つけることにした。 「ローリングストーン誌のページで募集の広告を見かけたんだ。面白そうなヤツだったから電話を入れてみた。」 彼らからの質問は一つだけだった。 「成功するためなら何でもやるか?」 受話器の向こう側で男が答えた。 「ああ、やるよ。」 「ドレスだって着るか?」 「もちろん。」 数日後、彼らはその男とグリニッジ・ヴィレッジにあるエレクトリック・レディ(1970年にジミ・ヘンドリックスが建てた録音スタジオ)の前で待ち合わせた。 彼らより明らかに年上でカッコいい服装で現れたその男の名前はピーター・クリスと言った。 彼らは近くのレストランに入ってピザを注文した。 話し始めて5分も経たないうちにピーターが突然口走った。 「俺のペニスは9インチ(約23センチ)ある。」 ポールは返答に困りながらこう返したという。 「えーと…チーズを回してもらえる?」 数日後、彼らはリハーサルスタジオに入る。 ほとんど読み書きができなかったピーターは、曲の構成を覚えたり、基本的な用語(ヴァース、コーラス、ブリッジ)などをまったく理解していなかった。 どこか偉そうな態度とは裏腹に、そのドラムプレイは特に手応えのあるものではなかったという。 「それでも彼のドラムはがむしゃらで活気に満ちていたよ。奔放で異端..
未分類

カントリーロード〜70年代のアメリカを代表する大ヒットソングの誕生秘話

誰もが一度は胸に抱く都会への憧れ。 進学、就職、または夢を追いかけて…故郷から旅立ってゆく人々。 その多くの者達が、ある時期必ず想うことがある。 「故郷へかえりたい!」 70年代、そんな望郷の想いを歌ったアメリカの楽曲が大ヒットした。 オリビア・ニュートン=ジョンのカヴァーよって日本でも広く知られることとなったその歌は、世界20カ国以上の国々で愛され、イギリスでは“ドライブの時に聴きたい歌”のナンバーワンに選ばれているという。 カントリーロード 僕を連れていってよ 僕が育ったあの場所へ ウェストバージニアの母なる山々へ 僕を連れていってよ カントリーロード 通称「カントリーロード」として知られているこの「Take Me Home, Country Roads(邦題:故郷へかえりたい)」は1971年に発売され、ビルボードで全米2位を記録した大ヒット曲である。 70年代のアメリカを代表曲するフォーク&カントリーソングとして親しまれ、歌詞に繰り返し“ウェストバージニア”が登場することから、2014年にはウェストバージニア州の4番目の州歌となった。 そんな「カントリーロード」は、いったいどんな風に誕生したのだろう? それは1970年の出来事だった。 ジョン・デンバーはシンガーソングライターとして崖っぷちに立っていた。 前年にRCAから念願のソロデビューを果たしたものの、鳴かず飛ばずのまま契約のリミットを迎えようとしていた。 「カントリーロード」と言えば、ジョン・デンバーの大ヒット曲として一般的に知られているが、彼が一人で作詞作曲したのではなく、作詞にビル・ダノフ、作曲にはタフィー・ナイバートがそれぞれ共作者としてクレジットされている。 当時ビルとタフィーはワシントンDCにあるジョージタウン大学の学生で“ファット・シティ・バンド”というバンドを組んで小さなライブハウスで歌っていた。 数枚のレコードも発表していたけれど、ジョンと同じくヒットには恵まれていなかった。 彼らの将来性を見込んだプロモーターが、ある日「男女2人組のアコースティックデュオとなってジョン・デンバーのライブの前座をしないか?」と声をかけた。 それがきっかけでジョンとビルとタフィーは一緒に仕事をする仲となる。 3人で各地をまわる生活を送る中、ある日、ビルのもとに1通の手紙が届く。 それはウェストバージニア山..
未分類

【診断】10の質問であなたにピッタリの職業がわかる

体を動かす仕事の方がいい?デスクワークがいい?スケールで答えてね。 View Entire Post ›
未分類

【激ムズ】ピクサー作品に出てくる「マイナーキャラ」の名前を当てろ!

もちろん、覚えてるよね…?(震え View Entire Post ›
未分類

KISS結成物語①〜ポール・スタンレーとジーン・シモンズの曲作り期間

【Introduction〜ポール・スタンレー】 1964年2月、12歳になったばかりの彼はTV番組『エド・サリヴァン・ショウ』でビートルズの洗礼を受ける。 「彼らが歌う姿を観て、俺は明確な目標を立てたんだ。俺も有名になり、尊敬され、憧れられ、あるいは嫉妬の的となる。こんな冴えない毎日から抜け出すための切符は“これしかない!”ってね。」 彼はそれまでギターを弾いたことなど一度もなく、当然曲を書いたこともなかった。 なんの根拠もないまま、彼はロックアーティストになるという目標を打ち立てたのだ。 1970年、18歳になった彼は商業デザイナーになるため通っていた、ニューヨークのハイスクール・オブ・ミュージック&アートを卒業。 アートカレッジに進むも…その頃の彼は、すでに「俺はロックスターになる!」と断言しており、美術に対する興味を失っていたため1週間で自主退学をする。 同年、ジーン・シモンズのバンドWicked Lesterに加入し、プロミュージシャンになることを目指して邁進し始める… 【Introduction〜ジーン・シモンズ】 1964年2月、当時14歳だったジーン・シモンズもポールと同じ日に同じ番組を見ていた。 ビートルズとの遭遇。 それはポールと同じく、彼にとっても人生を大きく変える出来事だった。 彼はその日のことを鮮明に憶えているという。 「日曜日の夜だった。俺は母の手作りのハンバーガーにかぶりついていた。エド・サリヴァンショーに登場したおかっぱ頭の4人組。話す英語に奇妙な訛りがあった。彼らが歌い出した瞬間に沸き起こった歓声は、爆撃のような音量だったよ! 凄まじい土石流のように、ビートルズのパワーが押し寄せてきたんだ!」 1968年、19歳になった彼は、ニューヨークのサリバンカウンティ・コミュニティ・カレッジで学びながら様々なバンドに参加する。 1970年からリッチモンド・カレッジの教育課程で学び、卒業後はマンハッタンの小学校で国語教師として教壇に立つ。 並行してバンド活動も続けており、1970年代初頭には音楽教師のブルック・オストランダーと共にプロ契約を目指す新しいバンドWicked Lesterを結成。 バンド仲間を通じて知り合ったポール・スタンレーが参加し、1枚のアルバムをレコーディングしたが…完成した内容に(特にジーンとポールが)納得できず、プ..
未分類

ジョン・レノンとポール・マッカートニー〜運命的な出会い、最強作曲コンビの誕生

「僕はクオリーメンというバンドを持っていた。僕がボーカルでリーダーだった。ポールに会ったとき、彼をバンドに入れるか入れないか?迷ったんだ。ポールを入れて強力なバンドにする方がいいのか?僕一人で引っ張っていく方がいいのか?結論は“ポールを入れる”だった。僕一人でやっていくより、彼と組んで最強のバンドを目指そう!力を合わせよう!と思ったんだ。」(ジョン・レノン) ジョン・レノンの父親アルフレッド(当時26歳)は船で臨時に雇われていたウェイターだった。 アルフレッドがジョンの側にいたのは2年間だけで、彼は母子を置いて姿をくらましてしまった。 母親ジュリア(当時24歳)は別の男性を見つけ、ジョンは彼女の姉ミミに預けられて育った。 ジョンがティーンエイジャーになった頃、イギリスではロニー・ドネガンの「Rock Island Line」が大ヒットし、スキッフル・ブームが起っていた。 1956年、16歳となったジョンは、エルヴィス・プレスリーの「Heartbreak Hotel」を聴き、ロックンロールの洗礼を受ける。 この頃、ジュリアが近くに住んでいることを知ったジョンは、ジュリアの家へ行き来するようになる。 夫・フレッドからバンジョーのコードを教わっていたジュリアは、ジョンにバンジョーのコードをいくつか教え音楽に関心を向けさせた。 ミミは賛成しなかったが、ジュリアはジョンのロックンロール好きに理解を示し、彼がハイスクール時代に初めて組んだバンド、クオリーメンを応援していた。 バンドメンバーは、学校の放課後にジュリアの家に集まって練習をしていたという。 一生懸命練習を重ねながら、クオリーメンは自分たちのコンサートを開催できるほど上達してゆく。 そのコンサート活動を通じて、ジョンは運命的な出会いを果たすこととなる。 それはジョンがハイスクールを卒業する数週前のコンサートでの出来事だった。 1967年7月6日、クオリーメンはリバプールにある教会のお祭りで演奏をすることとなった。 婦人たちや老人たち、はしゃぐ子供たちを前にして彼らは“場違い”な存在だった。 当時16歳だったジョンは、ポマードで髪の毛をテディーボーイスタイルにキメて、細身のブラックジーンズをはいて、ジーン・ヴィンセントのヒット曲「Be-Bop-A-Lula」を歌った。 街の人たちやお祭りの関係者は、彼らの演奏に対して..
未分類

her/世界でひとつの彼女〜スマホ片手に都会で虚しく静かに生きる人たちへ

『her/世界でひとつの彼女』(Her/2013) の主人公セオドア(ホアキン・フェニックス)は、昔は新進気鋭の書き手だったが、今はネット企業に勤めていて代筆ライターの仕事に就いている。妻とは1年以上別居しており、離婚調停中だ。女友達が気にかけてくれるが、紹介された相手と深い関係になることはなく、正直セオドアは妻との楽しかった想い出の中で“虚しく静かに”生きている。 物語の舞台はちょっと未来のロサンゼルス。だから、人も風景も現在とたいして変わらない。セオドアが住んでいるのは眺望の良いタワーマンション。と言っても、見えるのは同じような高層ビルだけ。昼間の空の色はブルーというよりどこかグレー。こんなところにいると、想い出は“自分に都合よく”勝手にアップデートされていく……。 映画が始まってからしばらく、なんとも言えない切ない感じ。それでいて妙に懐かしくもあり、心地良い感じにも包まれた。多分、自分も同じような経験をし、同じような場所で暮らしてきたからだろう。 運河に架かった橋を歩く蟻のように見える人々がどんな服を着ているのか、雨がどれくらい降っているのか、そこからは何も感じない。自分の場合、あの時生まれた感覚を「書かなければ」と思い、2016年にWebマガジンで配信させてもらった(*現在は筆者のnoteに格納。下段にリンクあり)。 こんな日々を重ねていると、東京がまるで巨大なWebサイトのように見えてくる。丸の内や汐留のオフィスビルにはビジネスやマーケティング情報、渋谷や銀座の商業施設にはファッションやカルチャー、豊洲や勝どきのマンションには消費トレンド、六本木のレジデンスやラグジュアリーホテルには男女関係に関するコンテンツが詰まっているわけだ。 実際に街へ出ても、それらをクリックして中へ入っていく感覚はすでになく、スマホの画面をタップしてSNSの投稿を次々とフリックしているような、上滑りしていく浮遊感だけが強く残る。                    ● 人工的なバベルの塔と、申し訳程度の緑地がついたショッピングモール的空間の量産は、ただでさえ防犯監視カメラが大量に設置された街から、新しい世代や若いスピリット、色気と体臭で繋がったポップカルチャーを奪っていく。 常にどこかから工事の騒音が聞こえる“現在新光景”が構築される中、デジタル・ネイティヴの子供たちはゲー..
未分類

西武ライオンズ史上、最強助っ人はどの選手?

カブレラ? デストラーデ? それともニール? View Entire Post ›
タイトルとURLをコピーしました