未分類

ストレイト・アウタ・コンプトン〜“世界一危険なグループ”にされたN.W.A

『ストレイト・アウタ・コンプトン』(Straight Outta Compton/2015) 1980年代半ば〜後半。当時の日本のロックファンには、ヒップホップ/ラップをロックの一部として聴いていた人が多い。例えば、エアロスミスをサンプリングしたランDMC、ハードコア・パンクスだったビースティ・ボーイズはもちろん、極めて政治的なパブリック・エナミーやどこかオタク的なデ・ラ・ソウルなど、まだ「こちら側」の音として扱っていた。さらにヒップホップ/ラップ=ニューヨーク/東海岸というイメージも強かった。 そんな感覚に決定的な変化が起きたのはギャングスタ・ラップの登場。90年代前半、ヒップホップ/ラップの“場”は完全にロサンゼルス/西海岸へと移行した。自分たちのゲットーでの暴力沙汰やストリートでの警察との衝突を訴える彼らはアメリカですぐさま社会現象となり、東西の抗争も勃発して、95年の2パックと96年のノートリアスB.I.G.の他殺という最悪の事件を迎えることになっていく。二人はまだ25歳と24歳という若さだった。 同時期。ロックの世界でもそれまでアンダーグラウンドだったシーンが一気にメインストリームへと浮上する。オルタナティヴ/グランジの時代が到来したのだ。その顔役に祭り上げられたニルヴァーナのカート・コバーンは苦悩と葛藤の結果、94年に27歳で自殺。外向きのヒップホップと内向きのロック。それぞれのシーンを代表するアーティストたちの死に様がそれを象徴していたように思う。 80年代までのロックをいつまでも引きずっていた人、能天気なMCハマーをヒップホップ/ラップの最先端だと思ってしまった人には、このあたりの動きはもう完全に「あちら側」の出来事に映ったことだろう。世代によっては「まったく興味がなくなった」「分からなくなった」と言う人もいる。そう、90年代前半は大きな分岐点だったのだ。どちらが良い悪いの問題ではない。「時代は変わる」ということ。2010年代という今の音楽シーンを理解するには、90年代を知らなければ面白くならないのは事実だ。 『ストレイト・アウタ・コンプトン』(Straight Outta Compton/2015)は、ギャングスタ・ラップというジャンルを確立し、その序章をリードした伝説的グループN.W.Aの結成と解散、友情と確執をベースにした大ヒット映画。これを..
未分類

戦争を知らない子供たち〜発売当時、賛否両論を巻き起こした“問題作”に込められていた100年後へのメッセージとは?

戦争が終わって 僕等は生れた 戦争を知らずに 僕等は育った おとなになって 歩き始める 平和の歌を くちずさみながら 僕等の名前を 覚えてほしい 戦争を知らない 子供たちさ この曲は、終戦(敗戦)から25年が経った1970年に生まれた。 翌1971年にジローズ(杉田二郎&森下次郎)が歌ったレコードが発売されると、オリコンチャート最高11位、累計で30万枚以上を売り上げるヒットを記録。 もともとは大阪万博のイベントステージで“全日本アマチュア・フォーク・シンガーズ”というグループが歌うために作られた楽曲で、クレジットには作詞:北山修、作曲:杉田二郎と記されている。 歌詞を書いた北山は、万博のステージのフィナーレでこんな“語り”を入れて曲を紹介した。 「僕らは、あの…(おかげさまで)戦争を知らない子供たちと自分たちを呼ぶことができます。ですが、完全に“戦争を知らない”と言えない面もあります。よその国では“戦争を知っている子供たち”もたくさんいます。願わくば、100年後、200年後、僕たちの子供たちが、またその子供たちが“戦争を知らない子供たち”というこの曲と同じタイトルのもとで世界中のみんなが同じような音楽会をひらけることができれば、凄く幸せだと…とてもいいことだと思います。僕はそういうことを願ってこの歌を唄ってお別れしたいと思います。」 当時はベトナム戦争の真っ最中で、憲法上の制約があった日本はアメリカ合衆国の戦争遂行に基地の提供といった形で協力していた。 日本国内ではフォーク歌手や若者たちを中心に安保闘争や反戦運動が盛んだった頃で、この歌は戦後世代による“新しい反戦歌”として広く知られることとなる。 「あまい歌詞なんですよね…“青空が好きで、花びらが好きで、いつでも笑顔がすてきな人なら誰でも一緒に歩いてゆこうよ”だなんて。このフレーズ、この歌は実は僕の作品においては珍しく歌詞が先にあったんですよ。タイトルも先にあったんです。曲を誰に書いてもらおうか?と思って、最初は加藤和彦のところに持っていったんです。そうすると彼は“こんな歌詞!何が花びらが好きで…だよ!”と鼻で吹いて笑って突き返したんです。当時、アメリカでは“フラワーチルドレン”って言葉もあって、花っていうのは平和を象徴していたので、そこからヒントを得たっていうのもありました。」 加藤に作曲を断られた彼は複雑..
未分類

初体験リッジモント・ハイ〜ビデオテープのある箇所で必ず画像が乱れた理由とは?

『初体験リッジモント・ハイ』(FAST TIMES AT RIDGEMONT HIGH/1982) 映画館へ映画を観に行くという行為が、特別な意味を持っていた頃がある。幼い頃は親に連れて行ってもらうアニメや娯楽映画に心弾ませたり、思春期には恋愛やミステリー映画を観に行って隣にいる恋人にドキドキしたり。でも中高生時代に仲の良い友達と一緒に出向いた映画も忘れられない輝きを放っている。それはたいてい硬派な青春や学園ものだった。 学園グラフィティの永遠の名作として知られる『初体験リッジモント・ハイ』(FAST TIMES AT RIDGEMONT HIGH/1982)は、現在50歳前後の人には特に強烈な印象を残した作品かもしれない。映画は1982年11月に劇場公開されたが、1985年3月に『ゴールデン洋画劇場』で初放映されて夢中になった人も多かった(当時はまだレンタルビデオが普及し始めた頃)。 この映画の最大の魅力は、大人が描くステレオタイプ化された高校生像ではなく、当時のリアルな高校生ライフが描かれていた点だ。台詞の言い回しだけでなく、ファッションや音楽などのポップカルチャーも現在進行形の空気が漂っていた。南カリフォルニアの高校生と日本の都市部の高校生のライフスタイルはどこか似ていた。 『ザ・エージェント』『あの頃ペニー・レインと』『エリザベスタウン』などの監督として、今や一流の映画作家であるキャメロン・クロウ。15歳でローリング・ストーン誌のジャーナリストになっていた彼は、大学卒業後に高校生の話を書きたくなってわざわざ人知れず高校に再入学した(童顔が幸いした)。そして1年間高校生になりすまして“潜入取材”。出版化された本がこの映画の原作であり、エピソードの数々はクロウが手掛けた脚本にも活かされた。 監督は女性のエイミー・ヘッカーリング(当時28歳)。彼女はこの映画で「時の流れは早すぎる」ことをテーマにしたかったという。そこにはセックスや中絶、マスターベーションやドラッグといった若者たちの現実描写は欠かせない。しかし、この作品がどこまでも楽しいムードに満ち溢れているのは、多彩な登場人物と各自の言動の面白さによるところが大きい。 物語はリッジモント高校の1年の始まり、クリスマスや期末テストを経て、卒業プロムまでが学校やショッピングモールを舞台に描かれる。 ジェフ・スピコリ..
未分類

サン・トワ・マミー〜日本人にも愛されたシャンソンの名曲にまつわるいくつかのエピソード

僕の愛しい人、君なしでは時の流れはとても重苦しく 時間も日々も希望のないまま憂鬱に過ぎゆく 僕の愛しい人、君なしでは… 僕の愛しい人、君がいないと僕はあてどもなく彷徨う 僕は途方に暮れて彷徨うよ…真っ黒な空の下 誰もが一度は耳にしたことがあるだろうメランコリックで親しみやすいメロディー。 この「サン・トワ・マミー(Sans Toi M’amie)」は、ベルギーの歌手サルヴァトール・アダモの代表曲の一つ。 ※翻訳者の解釈によっては「サン・トワ・マ・ミー」と表記される場合もある  作詞作曲ともに「雪が降る(Tombe la Neige)」「ろくでなし(Mauvais Garcon)」などのヒット曲と同じくアダモ自身が手がけたもの。 彼がまだ19歳だった1962年に発表されて以来、シャンソンの名曲として人々に愛されつづけてきた歌だ。 歌詞の内容は、アダモ自身の経験がベースになっているらしく「もう一度チャンスをくれないか」と、失恋してもあきらめられない恋人に対する切ない気持ちが描かれている。 日本では越路吹雪が歌唱した岩谷時子による日本語詞が広く親しまれている。 東京オリンピックが開催された1964年に越路(当時40歳)が発表したシングル盤には“愛しているのに”というサブタイトルが付けられていた。 越路はこの歌を自身のリサイタルやステージなどで必ず披露し、「愛の讃歌」や「ラストダンスは私に」などと共に“十八番”として晩年まで唄いつづけたという。 岩谷による訳詞では、越路が歌唱するにあたって主人公を女性に置き換えた大人の女性の恋の歌になっており、アダモ自身の若き日の失恋を描いた原詞と比べると、かなり意訳されたものになっている。 ところで、このフランス語タイトルの“Sans Toi M’amie”とはどんな意味なのだろう? Sansは英語でいうWithout。 ToiはYou。 M’amieはHoneyやBabyやSweetieと同義語だという。 つまりは「僕の愛しい人よ(honey)、君なしでは(Without you)」という解釈が一般的とされている。 19歳にしてこの名曲を書き上げたアダモはどんな生い立ちを持つ歌手なのだろう? 彼は1943年11月1日、イタリアのシチリア島で炭坑夫の長男として生まれた。 彼が4歳になる年に一家はフランス国境に近いベルギーの炭坑町に移住..
未分類

月の歌〜Moon Dew

♪「Moon Dew」/ジョー・コッカー 君の瞳からこぼれ落ちる月のしずく 最愛の涙が空に昇る そして暗闇の中で独り…君は眠れずにいる 来る夜も来る夜も君は涙を流し…その心を鎖でつなぐ この美しくロマンチックな歌はジョー・コッカーの隠れた名曲だ。 1969年に行われたウッドストック・フェスティバルでの熱演、そして翌年に行った大編成ツアー『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』での彼の活躍は、ロックファンの中で伝説となっている。 だけど彼の存在が一般的に認知されたのは、やはり映画『愛と青春の旅立ち』(1982年/主演リチャード・ギア)の主題歌「Up Where We Belong」だろう。 ジェニファー・ウォーンズとのデュエットが彼のキャリアにおいて最大のヒットとなった。 その6年前にリリースした“知る人ぞ知る”6thアルバム『Stingray』(1976年)に収録されているこの「Moon Dew」。 LA産スワンプ・ロックの雄レオン・ラッセル一派として知られるダニエル・ムーアの弟マシュー・ムーアが書いた珠玉のバラードである。 曲の素晴らしさも然ることながら、このアルバムのバックミュージシャン達が凄い! 後にフュージョン界の大御所として君臨することとなる白人黒人の混合バンド“スタッフ”のメンバーが集結しているのだ。(クリス・パーカーを除く) それはボブ・ディランにとってのザ・バンド、リンダ・ロンシュタットにとってのイーグルスのような存在(関係)にも似ている。 また、このアルバムにはスタッフのメンバーの他に参加ミュージシャンとして、エリック・クラプトンの名前もクレジットされている。 裏ジャケを見ると、後にスタッフとなるメンバーが全員映っている。 (なぜかジョー・コッカーは、ジョージ・ハリスンのTシャツを着ている) 左から、コーネル・デュプリー(Gt)、ジョー・コッカー(Vo)、スティーヴ・ガッド(Dr/Per)、リチャード・ティー(Key)、ゴードン・エドワード(Bass)、エリック・ゲイル(Gt) 楽曲のクレジットを見るとボブ・ディラン、レオン・ラッセル、ボビー・チャールス、そしてファンクの大御所ジョージ・クリントンなど、素晴らしいアーティスト達の曲によって構成されている。 白人と黒人が交わることによって生まれるグルーヴ感。 それはまさに“フュージョン(融合)”..
未分類

デトロイト・ロック・シティ〜KISSのコンサートが地獄への片道切符だった頃

『デトロイト・ロック・シティ』(Detroit Rock City/1999) 2019年12月、キッス最後の来日ツアーがスタートする。1977年に最初の来日公演を行って以来、今回で12回目。このラストツアーは集大成的なショウになること必至で、参加できるファンはラッキーだと思う。(*2022年12月に「End Of The Road World Tour」と題して来日公演が決定) キッスといえば、まさにロックンロール・サーカスとでもいうべき計算し尽くされたステージパフォーマンスが有名。派手なメイクや衣装で装ったメンバーたちが動き回り(しかも時には火を放ち)、完璧な演奏をしながらファンを長時間楽しませてくれる姿は、はっきり言って驚異的。 「キッスアーミー」と呼ばれる熱狂的なファンは、レコードやCD、DVDや書籍はもちろんのこと、キャラクターグッズの収集にも余念がない。1970年代前半、キッスを自腹の金で売り込んでデビューさせたマネージャーのウィリアム・オークウェンは、自らの名前でバンド名や楽曲、メーキャップなどの著作権を次々と登録し、25%の売り上げを懐に収め続けたらしいが、それだけこのバンドに可能性を感じていたのだろう。 そんなキッスの最初の絶頂期が1978年。メンバーもキッスアーミーの年齢もまだ若かった頃。彼らを有名にした地、デトロイトのコボホールでのコンサートをクライマックスに描いた映画がある。『デトロイト・ロック・シティ』(Detroit Rock City/1999)だ。 ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー、エース・フレーリー、ピーター・クリスのオリジナルメンバーで活動していたキッスは、1978年に初のベスト盤『Double Platinum』をリリース。各メンバーのソロアルバムも発売され、前年の『Love Gun』はバンド最高の売り上げを記録。全米ツアーも盛況を続けていた頃。 中西部のとある町。ホーク、ジャム、トリップ、レックスの高校生4人組は、キッスのコピーバンドを結成し、明日に迫ったデトロイトでのキッスのコンサートに行くことを生きがいにしている。しかし、キッスが悪魔の使者以外の何者でもなく、コンサートは地獄への片道切符である決めつけるジャムの厳格な母親が、あろうことかチケットを燃やしてしまう。 4人はあらゆる悪知恵を使ってチケットを入手しようとする..
未分類

オアシス:スーパーソニック〜1996年8月10日に世界の頂点に立ったギャラガー兄弟

『オアシス:スーパーソニック』(Oasis:Supersonic/2016) 日本でも公開された映画『オアシス:スーパーソニック』(Oasis:Supersonic/2016)は、2009年に解散した史上最高の英国バンドの一つ、オアシスの真の姿に追った良質なロック・ドキュメンタリー。製作総指揮はギャラガー兄弟。 90年代前半。アメリカではそれまでの商業音楽の象徴だったヘヴィ・メタルやベテラン勢の計算され尽くしたサウンドを否定するように、ニルヴァーナやパール・ジャムらのグランジ勢を筆頭とする荒々しいオルタナティヴ・ロックが隆盛。グリーン・デイらのポップ・パンクも脚光を浴びる。 こうしてロックが着実に復権されていく中、イギリスからの回答がオアシスだったのだ。1994年4月5日、ニルヴァーナのカート・コバーンが自殺してから6日後の11日。オアシスは「Supersonic」でデビューした。 中産階級代表のブラーと労働者階級代表のオアシス。これらは「ブリット・ポップ」としてUKの音楽シーンを席巻。二つのバンドのライバル対決も抜群の宣伝効果となり、95〜97年に狂乱期を迎える。英国産のカルチャーが爆発して、日本のファッションやストリートシーンにも大きな影響を与えた。当時の首相ブレアが掲げた“クール・ブリタニア”やブリット・ポップの中心にはいたのは、間違いなくオアシスだった。 最も有名なロックンロール・バンドになった彼らはその後、90年代の残りとゼロ年代を駆け抜けて解散。原因はノエルとリアムのギャラガー兄弟の度重なる確執だったのは言うまでもないが、その栄光の始まりもこの二人なくしてあり得なかった。 アイルランド人の両親のもと、マンチェスターで生まれた次男ノエル、そして5歳年下の三男リアム。アル中の父親の家庭内暴力が原因で母親に育てられた幼少時代。ノエルはやがて音楽とギターに夢中になり、リアムは喧嘩に明け暮れるようになる。そんなある日、ハンマーで殴られたことをきっかけにリアムも音楽に目覚めた。 すでに同郷の先輩バンド、インスパイラル・カーペッツのローディをしていたノエルがリアムのいるバンドに加入して1991年にオアシスが誕生。そして失業手当を頼りに地味に練習やライブを繰り返した結果、93年にクリエイションとレコード契約。必死で働いていた母親に早く楽をさせてやりたいと思っていた兄弟..
未分類

ロッキー・ホラー・ショー〜世界中でカルト化した“観客参加”映画

『ロッキー・ホラー・ショー』(The Rocky Horror Picture Show/1975) 真っ暗なスクリーンに、赤い口紅を塗った真っ白い歯を覗かせた唇がアップになり、そして音が鳴って静かに歌い出す。 『地球の静止する日』の時、マイケル・レニーは病気だった。 それでも私たちに立場を教えてくれた。 銀色の衣装のフラッシュ・ゴードンや、 『透明人間』のままのクロード・レインズや、 仲が悪くなったフェイ・レイとキングコング。 みんな映画ラッシュの渦の中へと消えていった。 そんな時空の彼方から届いた素敵なメッセージ。 SF怪奇映画二本立て。 ドクターXが人造人間を作って、 ジャネットとブラッドも登場。 そしてアン・フランシス主演の『禁断の惑星』。 始まるよ、深夜の二本立て映画。 映画『ロッキー・ホラー・ショー』(The Rocky Horror Picture Show/1975)はこうして始まる。ロックファンや映画ファンなら、一度はこのタイトルを耳にしたことがあると思う。さらにその先には強烈な印象を残すティム・カリー扮するフランクの女装ルックス(タイトル画像/上)の微笑みも必ず現れるに違いない。公開から40年以上が経った現在でも、世界のどこかの都市のミッドナイト・シアターで上映され続けているという、超ロングラン・ムービーだ。 すべては1973年6月、ロンドンにある僅か60席ほどの小劇場で始まった。売れない役者でソングライターだったリチャード・オブライエンが10歳の子供でも楽しめることを前提に書いたミュージカルは、R&RノスタルジーとホモセクシャルとSFとB級ホラーを融合した奇抜すぎる舞台だった。当時のロンドンはグラム・ロック全盛時。時代と流行に味方され、倒錯した世界を描いた舞台はまさかの大ヒット。その人気はアメリカに飛び火してブロードウェイにも進出し、NYでも大ウケした。 2年後には早くも映画化されるが、試写会では客が次々と中途退場したというエピソードが象徴するように、こちらはほとんどヒットしなかった。『ロッキー・ホラー・ショー』興業はそれで終わるはずだった。しかし、映画館にはいつも同じ客ばかりが観に来る、いわゆるリピーター現象が起こっていた。映画会社はすぐさまミッドナイト・シアター向けに配給を開始した。 そして、1977年1月。ニュージャージーで高校の教師..
未分類

精霊流し〜長崎出身のさだまさしが描いた儚くも美しい鎮魂歌

精霊流し(しょうろうながし)とは、長崎県の各地、熊本県の一部及び佐賀市でお盆に行われる、死者の魂を弔って送る仏教行事のこと。 毎年8月15日の夕暮れ時になると町のあちらこちらから「チャンコンチャンコン」という鐘の音や「ドーイドーイ」という掛け声、そして大きな爆竹の音が鳴り響くのだという。 初盆を迎えた故人の家族らは、盆提灯や造花などで飾られた精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて“流し場”と呼ばれる終着点まで運ぶ。 精霊船は山車(だし)を連想させる華美なものであり、多くの見物客が集まり賑わう。 去年のあなたの想い出が テープレコーダーからこぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました この楽曲を作詞作曲した長崎出身のさだまさしは、精霊流しについてこんなことを語ったことがある。 「1945年8月9日、長崎市に原子爆弾が投下されたときのこと…壊滅的な被害(被爆)にあった中で、多くの人々が6日後に迫っていた精霊流しのことを思い『死んでしまったら誰が自分の精霊船を出してくれるのだろうか?』と、気にかけながら亡くなっていったというのです。」 幼い頃から仲のよかった母方の従兄が水難事故で亡くなったことがきっかけとなり、さだはこの曲を書いたのだという。 亡くなった従兄の恋人だった女性の心模様を繊細に描いたこの「精霊流し」は、グレープの2ndシングル曲として1974年にリリースされた。 以前、さだは自身が綴った歌詞をこんな風に解説した。 「あなたの愛した母さん」が着ている“浅黄色の着物”は、精霊流しでは親族が着るものだのだという。 つまり「私」が“浴衣”を着ているという事は、「私」は「あなた」の親族ではない。 亡くなった彼(あなた・さだの従兄)と主人公の女性(私・従兄の彼女)は“結婚はしていない”という事を表現している。 また“ギターの弦でくすり指を切った”という歌詞は、恋人同士だったという事を暗示しているのだとも。 当時、グレープはまだデビューしたばかりの無名のフォークデュオであっため、楽曲の初動売り上げは芳しいものではなかった。 そんな中、東海ラジオの深夜番組『ミッドナイト東海』のアナウンサーだった蟹江篤子が、自分の担当曜日で毎週のように流し続けたことが功を奏し、この番組の放送エリアである名古屋地区のみならず全国的なヒットとなり、この年の第16..
未分類

恋はフェニックス〜シナトラに“最も偉大な失恋の歌(トーチソング)”と言わしめたジミー・ウェッブの名曲

「これまでに書かれた最も偉大な失恋の歌(トーチソング)だ!」 ――フランク・シナトラ この「By the Time I Get to Phoenix(恋はフェニックス)」は、21歳という若さでグラミーを授賞した天才ソングライター、ジミー・ウェッブが受賞の一年前(20歳)に書いた楽曲だ。 もともとは当時ロックンロール歌手兼プロデューサーとして活躍していたジョニー・リヴァースのアルバム曲として書かれたもので、初出は1966年という記録が残っている。 この切なくも美しいメロディーに乗せられた歌詞の内容は、当時ウェッブが交際をしていたスーザン・ホートンという女性との別れだった。 恋人のもとを黙って去った男が、フェニックス(アリゾナ州)→アルバカーキ(ニューメキシコ州)→オクラホマ(こちらは州名)と西から東に移動する間に「彼女は今頃○○をしているだろう」と推測する内容となっている。 当時のアメリカと言えば、ヒッピー文化が花開き、フラワーチルドレンが街を闊歩していた“サマー・ オブ・ラヴ”の全盛期。 スチューデントパワーやブラックパワーが吹き荒れた政治の季節でもあった。 この歌の背景には、そんな若者たちが自由を求めて西海岸を目指し、恋に落ちていた時代が描かれているという。 僕がフェニックスに着く頃 彼女は目を覚ますだろう そしてドアに貼ってあるメモに気づくはず 「僕は出て行くよ」って書いてあるのを見ても 彼女はきっと笑って取り合わないだろうね だって今まで何度もそんなことがあったから… ジョニー・リヴァースが自身のアルバムに収録したものを、カントリー歌手として人気を博していたグレン・キャンベルがドライヴ中にたまたま聴いて一発で気に入ったという。 翌1967年に、キャンベルがシングルリリースしたバージョンが大ヒットしてビルボードのカントリーチャートで2位を記録。 翌年のグラミー賞においてキャンベルは最優秀男性歌手賞と最優秀現代男性ソロ歌手賞を受賞することとなった。 キャンベルとウェッブのコンビは、その後「Wichita Lineman」(1968年)、「Galveston」(1969年)とヒットを連発する。 カンザス州の都市ウィチタや、テキサス州南東部の都市ガルベストン、そしてこのアリゾナ州のフェニックスからスタートする歌は、キャンベル&ウェッブの名コンビよる“ご当地ソ..
タイトルとURLをコピーしました